Yoshida's Copy Master School
吉田式コピーマスタースクール

吉田式コピーマスタースクール
  • 信じてもらえないかもしれませんが
  • 私は上記の様々なジャンルの商品で、
  • 月間売上数百万円から数千万円叩き出すコピーライティングや販売コンサルを
  • 今まで200本以上も手掛けてきました。
ランキングイメージ
ランキングイメージ
ランキングイメージ

あなたにも私と同じ ↑↑↑↑↑ この実績が出せるレベルの


【稼げるコピーライティング能力】を身に付けていただくことができます!


 

  • 他にも、私が自らコピーライティングしたものだけでなく
  • コピーは全くの素人である一般販売者さんへの無料アドバイスだけ
  • 売れるコピーに生まれ変わった販売サイトも多数あります。

 

 

なぜ、そんなことができたのか?それは、私自身が莫大な利益を出すコピーを書けるだけでな売れるコピーを書く思考や、物を売る能力そのものをたとえ文章が苦手な人にもインプットすることができるからです。



お申し込みは終了いたしました

たくさんご応募いただきまして

誠にありがとうございました








次回募集につきましては

下記よりご登録いただいた方に限り

一般応募では提供しない
スペシャル特典

大幅割引価格でご案内させていただく予定です。

もちろん無料ですので
お気軽にご登録ください。



*メールアドレス
*名前







吉田式(Y)コピー(C)マスター(M)スクール(S)


読んでいる人の心を鷲掴みにして
買わずにはいられないコピーを書けるようになり
インターネットでガンガン稼げるレベルへと
あなたをお連れいたします。

どうしてそんなことを言えるのか、
今からその理由を全てお伝えいたします。


インフォトップアワード
インフォトップ創業者の菅野一勢さん、Catch the Webの横山直広さん、
SKナレッジの
小島幹登さん他、販売者部門やアフィリエイト部門の

トップセラーの皆さんと撮影

※インフォトップ社オフィシャルfacebookページ(facebook.com/infotop.jp)より



読み手の心を動かすコピーが書けないのは口下手な落ちこぼれ営業マンと同じです

個人が稼ぐためにコピーライティングはもはや必須のスキルです!

いきなりですが、あなたは口下手で無口な営業マンが
バンバン契約を取ってトップセールスマンになれると思いますか?

「そういうこともあるんじゃない?」

と、言われてしまうとそれまでなのですが、
私が思うに、少なくとも口下手で無口な営業マンより、
トークが上手で話も面白く、テンポも心地よくて、
わかりやすく丁寧に知りたいことを教えてくれ、
怪しくもなく、不安や疑問を完璧に取り除いてくれる営業マンのほうが
たくさんの契約を取れるだろうと思います。

では、インターネットで物やサービスを買ってもらったり
申し込んでもらったりする場合はどうでしょう?

結論から申し上げますが、ホームページやメール、
要するに文字が主であるインターネットの世界では、
“稼げるコピーライティングの思考とスキル”が身についていない人は
口下手で無口な営業マンと同じと言っても過言ではありません。

つまり、売上をアップさせたりビジネスを成功させることはできないのです。
 


誤解のないように申し上げますが
文章の“テクニック”を覚えれば稼げるようになるわけではありません。

もちろんテクニックがあったほうがいい局面はありますが
そのことは最重要ではないのです。

また、たまに
「心理学に基づいたコピーライティングを覚えればOK」
みたいなのを目にする機会がありますが、それも違うというか、
心理学なんて小難しいことを持ち出す必要はないと初めに断言します。

実際、私なんて心理学などコレっぽっちも
かじったことはありません^_^;

≪稼げるコピー≫はテクニックや心理学なんて覚えなくても書けます。

ではどうすればいいのか。

単刀直入に言いますと、読んでいる人の頭の中に、
その人が欲している状況を映し出してあげることだけを考えれば
あなたはどんな商品やサービスでも売ることができるようになります。

例えば、夏の暑いさかり、
帰りに同僚と一杯やろうとしているサラリーマングループの頭の中に
キンキンに冷やしたビールとサッパリしたおつまみを連想させて
席が空いているからそれを待たずに提供しますというメールを書けば、
メールを送った居酒屋さんはどんどんお客さんを獲得していくでしょう。

吉田式コピーマスタースクールダイエットのノウハウや器具を売る場合も同じです。
苦痛をともなうことなく実践できるイメージや
ダイエットに成功したときの姿、優越感、羨望などを
読んでいる人の頭の中に描いていくと
その人は感情を動かされて買わずにはいられなくなります。

それを、ほとんどの人が「テクニックだ」と思っているのですが
残念ながらそれは完全に間違った認識です。

コピーライティングの本質がテクニックや心理学だと思っているうちは、
あなたの商品やサービスが買われることはありませんし
いつまでもインターネットで稼ぐことはできません。

いえ、インターネットに限らず、
客商売でまともに稼ぐことはできないでしょう。

仮に今、そこそこの結果が出ていたとしても
本当ならその何倍も稼げているチャンスを
ドブに捨てていると思ってください。



コピーの良し悪しで売上が歴然と変わる恐ろしさをあなたは本当に理解できていますか?

コピーライティングの良し悪しというのは
即そのまま「成約率」に直結し、
ひいては商売のキモである売上や利益率にも直結します。

恐らくその重要性はあなたも充分に知っていると思うのですが
万が一にも誤った理解だと話がチグハグになってしまう可能性もあるので
きちんとお話しておきたいと思います。

成約率とは一言で言ってしまえば
「何人がページに訪問してそのうち何人が購入したのか?」
です。

これは路面店舗でも同じで、
「何人が来店してそのうち何人が購入したのか?」
が、成約率となります。

 
1000人が訪れて10人が買ってくれたら成約率は1%です。
100人に1人が買ってくれた、という単純な計算式ですね。



グッチと百円ショップが違うように
商品の性質や販売価格にもよりますし、
あるいは訪問者が過去に何万円もお金を払った購入者さんなのか
それとも無料レポートを申し込んだ人なのかという属性にもよるので
一概に何%が優秀なのかは安易に語れませんが
例えば、あなたが売りたい商品と価格帯の過去の事例からみて
成約率が仮に平均1%だったとしましょう。

にも関わらず、あなたの成約率が
0.5%しかなければ平均の半分ということですから
売上も周囲の平均に比べて半分しかないということになりますし
逆に2%ならば成約数も倍になるということですから
売上も周囲に比べて倍になるわけです。

先ほどの1000人の例で言えば、商品単価を1万円とした場合、

 


になるという意味です。


ここで重要なのは、



 

コピーの良し悪しだけで
それほどまでに売上に差が出てしまうということです。

例えば広告費を100万円かけてアクセスを集め
頑張って売上を200万円出しました。

仮にそれが成約率0.5%での結果だった場合、
きちんと平均レベルの成約率1%が出せるコピーライティングだったならば
単純に売上が倍、つまり、400万円になっていたわけです。

この差はかなり大きいと思いませんか?

しかも広告費は同じなわけですから売上が倍になった分は丸々利益です。
利益率も大幅にアップすることは言うまでもありません。

労力も、コストも、何もかも違わず、
コピーライティングの良し悪しだけで
これだけの違いが出ているケースが実はゴロゴロあります。

そして、あなたも例外ではない可能性が高いです。

なぜなら、ほとんどの人は「自分は大丈夫」と思っているのに
上記のような機会損失に気づいていないからです。

また、ここ数年、無料オファーが流行っていますが
もちろん無料オファーにも同じことが言えます。

これも例えばになりますが、
今まであなたのオファーが成約率5%だったところ
人の心を動かすコピーが書けるようになり
成約率を15%にアップできたらどうでしょう?

高いお金を払ってリストを買ってこなくても
すぐに報酬が今の3倍になるわけです。

もちろん言うまでもないですが上記はあくまでも例です。
誰でも都合よく売上が3倍になるわけではありません。

しかし、何となくわかっているようで実はわかっていないがために
このケースのようにもっともっと稼げるはずの機会を
大きく棄損している人がそこらじゅうにいるのが現実なのです。

さて、改めてお伺いします。

あなたは本当にコピーで損をしていませんか?

商品やサービスの良さ、あるいはあなた自身の魅力を
文章で伝えることができますか?

他にも次のような心当たりがもしあったら
本サイトを読み進めていただく価値はあると思います。


これからネットビジネスを始めようという志を持っている方<br />ノウハウを持っているのでそれをジャンジャン売って稼ぎたい方 メルマガで成功率の高い文章を書きたい方<br />バックエンドやアップセルなど広く収益化を目指したい方 インターネットで起業したい方<br />インターネットで稼ぎたい方 長く活かせる稼ぎの知識と技術を身につけたい方<br />とにかく稼げるコピーライティングスキルを身につけたい

また、次のような悩みや課題をお抱えの場合にも
お役立ていただけるお話をさせていただきます。

商品はいいはずなのに全然売れない<br />プロのライターに任せたのに売れない 書店で買ったコピーライティングの本を読んだけどうまく書けなかった<br />高額なコピーライティング教材を買ってもうまく書けなかった メルマガのクリック率が悪い<br />ネットショップでの売れ行きが悪い

もし「1つも当てはまらないし、思い当るフシも全くなかった」
という場合は、恐らく私ではあなたの力になれませんので
この先をお読みいただく必要はありません。

あなたの貴重な時間を無駄にしてしまうことが心苦しいので
このままページを閉じてください。

もし1つでも心当たりがあったり、
多少なりとも自分の悩みや願望に近いと思えることがあったら
少しだけお付き合いください。

これから長い人生を歩むあなたにとって
きっとお役立ていただけるお話ができると思います。


才能もなく努力もしていない三流ライターが
なぜ、次々と数千万円のヒットを生み出せるようになったのか?

申し遅れました。

吉田貴志(よしだたかし)と申します。

私は以前、セールスレター制作を主事業としていた
インフォスマイルという会社で代表を務めており、
コピーライターやコンサルタントとして活動していました。

といっても、一般的には全く知られていないですし
たぶん販売者さんでも一部の方にしか
知っていただいていないと思いますので
簡単に自己紹介をさせていただきますね^_^

20代の頃は衆議院議員秘書やテレビ制作の関連会社などを転々としたのち、

30代から本格的にコピーライティングの世界へと入る。

 

アフィリエイトやインフォ業界のことは当時まだ全然知らぬまま、

自己啓発やギャンブル関連のダイレクトレスポンスマーケティングの会社に就職。

 

その後、インターネットショッピングモールの立ち上げやシステム会社での

WEBディレクター・プランナーでキャリアを積み、インフォ業界にコピーライター

として参入する。

 

以降、200本以上の教材販売に携わり、累計で億単位の売上に貢献。 現在は新法人にてセミナー活動や育成事業など、
制作現場だけに留まらず更に活動の場を広げている。



2013年11月26日
アカデミアジャパン株式会社様主催JIMAセミナー講演




販売実績に関しては一部を冒頭で
売上ランキング獲得実績というかたちでご紹介いたしましたので
ここでは割愛させていただきます。

手前味噌になってしまいますが、
これほどオールジャンルで売上実績をあげているコピーライター
まずいないと思います。
吉田式コピーマスタースクール

情報販売やセールスレターに詳しい方が周りにいらっしゃったら
是非聞いてみてください。

「でもランキングからじゃ売上金額なんてわからないじゃないか」
と、思ったあなたは大変鋭い視点をお持ちです。

クライアントさんの顧客情報なんかも記載されているため
「すいません、管理画面の中を見せてください」と
お願いするわけにもいかないのですが、
確かに「300万円売れた」といった正確な売上金額というのは
ランキングからだけではわかりません。

そういう意味では上記のご指摘は半分合っています。

実は情報教材販売には短期に大きく売れる商品と
毎月ほぼ変わらず売れる定番商品というのが存在します。

例えば学習教材系とか健康系教材系なんかは
ニーズが一定だし季節に左右されることもありません。

その定番と同じくらい売れている商品の売上を見れば
前後がだいたい300万円くらい売れているのか、
500万円くらい売れているのか、1000万円は超えているのか、
はたまた2000万円以上のビッグセールスなのかといったことは
私のように毎日ランキングチェックしたり指標をいくつか持っていると
かなりハッキリわかるようになります。

ちなみに、インフォトップさんのランキングで1位になるには
どんなに低くても24時間で100万円以上の売上がないと
厳しいはずなので、連日1位を獲るようなレベルにもなれば
1カ月数千万円と言っても間違いはないことが
ご理解いただけるのではないでしょうか。
 


さて、今でこそ「何百万、何千万をバンバン売った!」
などと偉そうなことを言っていますが
私がコピーを書き始めてから最初の3年は
それはそれは見事に才能が欠如した三流のヘボライターでした。

そうです。
先ほど言った三流ライターとは他の誰でもなく私のことです。

「お前よくそれでコピーライターなんか目指したよね(失笑)」
と、タイムマシンに乗っていって
当時の自分に言ってやりたいくらいひどいものでした。

もともと放送業界にいた時期もあったので
文字を書くこと自体に苦手意識や抵抗はなかったのですが
人にモノを買ってもらうためのコピーというのは
全くと言っていいほどダメでした。

その証拠に、当時いた会社で
まともに採用された販促コピーは2年近くでたった1本。

しかも主力商品ではなくプレゼント扱いにしか
使ってもらえないレベルです。

多い人は毎週のように採用されていたことを考えたら
2年で1本って有り得ない低さの採用率ですよ。

まあ確かに今思えば「そりゃそうだわな」というほど
ひどいコピーを書いていましたので仕方ありません^_^;

しかしそんな私でも、あらゆるジャンルの商品やサービスを
バンバン売れるコピーが書けるようになり、
自分以外の人にもその能力をインプットできるようになったのです。

なぜでしょう?

もちろん才能があったわけでもなければ
人一倍努力したわけでもありません。

才能があったら最初からうまくいっていたでしょうし
スポーツのように練習して上達するものでもないので
別に特殊なことは何もしていません。

きっかけは、ある日たまたま遭遇した“ティッシュ配りの達人”でした。

「???」


はい、何のことかわかりませんよね(笑)


あなたは街中で配っているポケットティッシュを
もらったことはありますか?


あれ、花粉症の私にとっては春先すごく重宝するのですが
それ以外のとき、まして両手が塞がってたりポケットに手を入れたら
まず受け取ることはありません。


でもなぜかそのときは、花粉症の時期でもなく
両手に荷物をしこたま持っていたのにティッシュを手に取っていたのです。


そのことがとても気になったので手に取ったときの状況を思い返したところ、
ある仮説に辿り着き、それを確認するために戻って
ティッシュ配りのお兄ちゃんを観察してみたんです。


するとやはり、近くで同じように配っているお仲間とおぼしき人とは
明らかに違う動きをしていて、
私の印象ではお仲間が1人に渡すあいだ、
達人のお兄ちゃん(と、勝手に命名)は少なくとも5~6人に渡していました。


成果が5~6倍も大きいって凄いですよね?
何がそんなに違ったと思いますか?


差し出すスピードが速いとかそういう細かいテクニック的なことは
たくさんあったのですが、本質的とも言うべき大きな違いが実は2つありました。

1つは、必ず手元にティッシュを差し出していることです。

もらうほうは指を1cm動かすかどうかの労力で受け取れるため
私を含めて必要でもないティッシュをつい掴んでしまっていたんですね。


もう1つは、渡す相手の歩行に合わせて後ろ歩きをしながら配っていることでした。

お仲間のほうは1か所に立ち止まって、
マシーンのように同じ高さにティッシュを差し出しているだけですが
達人のお兄ちゃんは後ろ歩きしながら
相手の手元にティッシュをサッと差し出しているわけです。


当然、手元近くにティッシュがある時間が長くなりますので
もらってくれる確率はアップします。


これって完全に、どうやったら受け取ってもらえるかを
考えているからこそできる
ことであり、
ティッシュ配りという一見すれば差が出にくいような仕事でも
「受け取る側のこと(相手のこと)」を考えることによって
何倍もの成果の違いを出せることにほかなりません。


ヘボコピーしか書けなかった当時の私は、
「購入者さんのことを考えている」と自分では思いこんでいたけど
実は独りよがりでしかなかったことを
ティッシュ配りの達人お兄ちゃんが気付かせてくれたのです。


売れるコピーの本質を全く理解できず、
お粗末な結果しか出せなかったのは、

「お客様や読み手のことを考える」

という、当たり前のことができていなかったんですね。



今はそのことに気づくことができたので

どうすればお客様は自分の言葉(コピー)に耳を傾けてくれるのか、<br />どうすればお客様は商品を手に取って興味を示してくれるのか、<br />どうすればお客様は安心して購入を検討してくれるのか、<br />どうすればお客様は財布からお金を出してくれるのか、

などなど、常にお客様目線でコピーを書くようになり、
ご覧いただいたようなセールスをあげることができるようになりました。
 
しかし、本当に怖いのは、
私が当たり前のことをできなかった事実ではなく
恐ろしいことに世の中のほとんどの人
今まさに当時の私と同じ状態だということです。

作った本人は一生懸命書いたつもりだと思いますが
製品自慢や売り込みトークに終始している宣伝媒体が
世の中に溢れかえっています。

そんな「心に響かない言葉」で
命の次に大事なお金を払ってくれるわけがありません。

そして、あなたがインターネットで集客に悩んでいるのならば、
あるいは思うように稼げていないのならば、
先ほどの“世の中に溢れかえっている側”になってしまっている可能性が
とても高いと思います。

よほど隠れた才能でもない限り、
見よう見まねでコピーを書いていたら
インターネットで稼ぐことは難しいと言って過言ではありません。

たまに、
「売れているセールスレターとかメルマガを真似すればOK」
というコピーライティング教材がありますが、それは嘘です。

いや、確かに“完璧に”真似すればOKですが、
表面的な部分しか見えていない人がやっても無駄です。

そして残念なことに、売れているセールスレターの本質まで
きちんと理解できる人は、
トップコピーライターか実力のある起業家さん以外、
ほとんどいないでしょう。

そもそも、それができていたらとっくに稼げるコピーを
書いていると思います。
 


インターネットで稼ぎたいのならコピーライティングの高いスキルは必須です

先ほどのようにコピーの重要性をお伝えすると
「これからは動画の時代だからコピーはそんなに重要じゃない」
と、おっしゃる方が最近増えてきました。

本当にそうでしょうか?

確かに、これから動画コンテンツがどんどん増えていくでしょうし、
動画で伝えられる情報は文章よりもたくさんありますので
商品を作る上で重要なツールであることは間違いありません。

でも思うのです。

その動画をどうやって見てもらうのかを考えると
結局、消費者の心に響く魅力的なコピーが必要不可欠なんです。

いかに素晴らしい動画だとしても、
目に触れなければ意味がないことは言うまでもありませんよね。

「この動画を見たら100%買いたくなるよね!」
というほどハイクオリティでも、
1人も見てくれなければ1円にもならないのですから。

吉田式コピーマスタースクール また、断言してもいいですが、
セールスレターや情報教材やメルマガは言うに及ばず、
楽天アマゾンヤフーSNS、一般に使うメールなどなど、
インターネット上から文字が無くなることはまずないでしょう。

それこそこの世から読み書きが無くなるくらいの
人類最大の技術革命でも起きない限り有り得ないと思います。

特に「ネットビジネスで稼いでいる」と言われている方々を
見てみてください。

誰1人としてコピーが下手な人はいませんし、
しかも、ネットだけではなく多様な事業に進出して
どんどん結果も出しています。

つまり、稼げるコピー、人の心を動かせるコピーを身に付けることは、
これから先、あなたが多様なビジネスやどんなジャンルに進んでも
必ず役に立つ思考やスキルであり、且つ、
ビジネスとセールスの能力そのものと言っても過言ではないのです。
 


なぜ、コピーライティング教材は数も少なく買ってみても稼げるコピーを書けるようになったという話をほとんど聞かないのか?
ここまでコピーライティングの重要性を
しつこいようにお話してきましたので
あなたにはもう充分にご理解いただけたかと思います。

また、以前からその重要性を感じて、
コピーライティングをしっかり学ぼうとしている人も
割といるようなのですが、
内容の良い悪いを抜きにしてもコピーライティングの教材というのは
そもそも数が多くありません。

なぜでしょうか?

理由はたくさん思い当りますが、最大の理由は
本当に稼げるコピーを書ける優れたライターが
少ないことだと私は思います。

たとえば情報教材は1商品何万円も何十万円もします。

そのセールスレターを売れるようにまともに書けるコピーライター
外注で探してもそう簡単に見つからないでしょう。

“まともに”というのは、どんなジャンルでも、
どんなテーマや顧客属性でも対応して
ランキング上位の売上を出せるライターという意味です。

誤解のないように補足しておきますが
特定のジャンルで私なんかよりもずっと素晴らしい実績を
出してらっしゃる方もいますし、

自社製品のセールスレターを書いて
商品をヒットさせている方もいらっしゃいます。

しかしその方々は専門家に近い存在であり
マッチングサイトで依頼できるような職業ライターではありません。

そのため、美容に関心のある顧客のハートはがっちり掴めるけど
ギャンブルではまるで通用しないとか、
学習教材には精通しているけどネットビジネスは弱いとか、
ある商品の売り方は秀でていても
いわゆるオールジャンルの対応は難しいようです。
 


ゆえに、売れるコピーを書ける人でも、
幅広い層の人に結果を出してもらうことが大前提の
「教材」として提供できないのではないかと思います。

さらに、コピーライティング教材を購入しても
上手くなったという話をほとんど聞きません。

オールジャンルで通用しない内容だとすれば当然ですが
他にも理由があると私は考えています。

全部の教材を試したわけではないので憶測になってしまいますが
恐らく、自分で書く分には上手くコピーを書けるライターさんでも
いざ誰かに教えようとすると論理立てて体系的に伝えることが
できないからではないかと推察しています。

つまり、確かにそのライターさんは売れるコピーを書けるけど
自分以外の第三者を上達させるとなると話が変わるので
コピーライティングが上達したという話を聞かないのだと思っています。

吉田式コピーマスタースクール 「名選手、名コーチにあらず」という言葉があります。

特にスポーツの世界では、
プレイヤーとしての才能と監督やコーチとしての才能は
全く別物だと言われていますが
まさにコピーライティングの世界でも
この傾向が強いと思います。

「こうやれば誰がやろうがどんな球でも絶対に打てる!」という
魔法のバッティング技術がないのと同様、コピーというのも、
「こう書けばどんなものでも売れる!」という
魔法の文章など存在しません

『誰でも売れるレターが書けるテンプレート』
『このレターを真似すればOK』

という謳い文句のコピーライティング教材も
いくつか目にしたことがありますが
私から言わせれば有り得ないです。
(それでメチャクチャ売れたという話も聞きませんし・・)

ジャンルによって、ライバルの存在によって、
あるいは、商品そのものが持つ強み、弱み、
更には状況とか価格とかで売れるコピーというのは全然変わります。

極論、同じ商品なのに半年前と今とでは
効果的なコピーが180度変わる場合もあります。

反面、テンプレとかテクニックのような浅い表面的な部分ではなく
何十年も変わらず根底に流れる本質的な部分も確実に存在しますが
それらを1つの教材で全て網羅し、
「動画とかPDFを渡すから、あとは聞かれれば答えるので質問してね」
で、上達するわけがないと私は思っているのです。

いえ、思っているというより
「マニュアルや本や動画を見て独学でやろうとしても
売れるコピーが書けるようにはならない」
と、はっきり言い切ってもいいです。
 
ようは、本質的な部分を押さえつつ
売りたい商品やサービスの“今の”市場とニーズを的確に捉えて、
ターゲットユーザーの感情を揺り動かせるコピーを書くための
思考とスキルを身に付けなければならないと考えています。

じゃあどうすればいいのか?

教材はもちろん基本としてある前提で、
プラス、あなたの具体的な課題や悩みをリアルタイムで共有しながら
そのときのレベルに合わせ理解度を深めるワークであったり、
セミナーを受けてもらったりすることができる
個人授業のようなスクールで、
しっかりと身に付けてもらう必要があると私は確信しています。

そのために私は、「教材を出してメールサポートして終わり」、ではなく、
吉田式コピーマスタースクールを作ることに決めました。


ところで、あなたはなぜ、コピーライティング教材に塾やスクールが極端に少ないのだと思いますか?

吉田式コピーマスタースクール マニュアル教材自体も少ないのですがで
コピーライティングを学ぶ場として
塾やスクールは
輪をかけて極端に少ないのはなぜでしょうか?

憶測もありますが、その理由は、
大きく分けると2つあると私は考えています。

まず1つには、そんなことをするのが面倒だからです。

確かに、教材を送ってサポートとは名ばかりの
質問受付するだけに比べ、
スクールは労力が何倍も何十倍もかかります。

1人1人と向き合って必ず結果を出してほしいと思えば
付きっきりのスクール形式は必然だと私は思いますが、
いかにして手軽に教材販売で儲けようかと考えてしまうと
そんな手間のかかるやり方はバカげているように見えるでしょう。

そのため、やりたがる人がほぼいないのだと思います。
 


もう1つも同じく憶測にすぎませんが、
塾やスクールで受講生さんたちと長く向き合うと
“ボロが出て困るから”ではないかと思っています。

いや、何もその講師さんや著者さんが
ニセモノだとか二流だとか言っているのではありません。

ライティング教材を出すくらいですから
きちんと実績のある人なのでしょう。

もしかしたら1商品での最高売上は私より全然多い人かもしれないですし
上手い、下手で言えば、間違いなく上手いんだと思います。
 


しかし、先ほども言いましたように自分で書くのではなく
いざ誰かに「教える」「稼がせる」「成約率を上げさせる」となると
そう簡単な話ではありません。

すでにキャリアも基礎もスキルもある
自分自身(講師さんや著者さん自身)が書いても
どんなジャンルでもバンバン売れるようにするのは簡単じゃないのに
ライティングの基礎も怪しいレベルの人にも
トップライターに劣らぬ「稼げるコピーライティング」を
身に付けて結果を出してもらうわけです。

私のように、200本以上のレター制作に携わった経験や、
数々のセールスレター改善アドバイスをしてきていなければ、
多種多様な受講生さんの状況に関して
的確な指南ができないのではないかと思います。

「私はこうだった」というご自身のやり方を教材で公開するよりも
「あなたの場合はこうしたほうがいいです」というのを
ステップアップしながら1人1人に合わせていく塾やスクールは
当然ながら難易度も高く、よほどの経験がなければ難しいため、
これまでに本格的なものがなかったのではないでしょうか。

その点、私の場合は、自分で書いてきただけではありません。

どんなジャンルでも、全くのライティング初心者でも
レベルとステップに合わせてアドバイスしてきましたし、
売上もアップしてきました。

ですから、恐らくこれまであなたが知っている
コピーの教材やスクールとは大きく一線を画し、
スキルと能力をしっかり身につけていただけると自負しています。


なぜ私、吉田なら、初心者にも稼げるコピーを書けるようにすることが可能なのか?

吉田式コピーマスタースクール 先ほど言いましたように
私自身のコピーライティング経験や実績、
そして数々のセールスレター改善アドバイスを
してきた経験があるから、

というのも大きな理由の1つではありますが、
本来ライターではない人でも売れるコピーが
書けるようになったのには
更に別の理由があります。

まず、はっきりと申し上げますが
稼げるコピー、売れるコピーというのは
文章の上手い下手に全く関係ありません

断言します。

そもそも私がコピーライティングの才能など微塵もないため
特別な資質を持っていない人のほうが
むしろ適しているメソッドでありカリキュラムだと思います。

加えて、特定のカテゴリに片寄らず
恋愛術でもギャンブルでもFXでもネットビジネスでも
オールジャンルで通用する“本質そのもの”を
あなたにインプットすることができる
ということが
他のコピーライティング教材や書籍とは明らかに一線を画している点です。

自己紹介でも少し触れましたが
これらのバラバラなジャンルで情報業界最大手の総合ランキング1位
全て達成しているライターは他にいないんじゃないかと思います。

もちろん、良かった実績だけをひけらかすつもりはありません。
1位を獲ることはできなかった商品もあります。

しかし、私のところに「売れなくて困っている」とご相談に来られる方は
情報販売未経験や経験の非常に浅い販売者さんが多く
そういう方々というのは
ブランド力も強力なマーケティングバックボーンもない方ばかりです。

そんな方々でも私のアドバイスやコンサルによってコピーの手直しをして、
そのセールスページが何百万円も売れるようになっているのですから
今、あなたが全くの素人状態だとしても問題ありません。
 


また、私があなたにインプットするのは
過去しか通用しなかったり今しか通用しないものではありません。

お見せしている情報販売の実績はここ2年以内くらいのものですが
それ以前から総合1位をはじめ売上数千万円レベルのコピーも
多数手掛けています。

なぜ、長く、どのジャンルでも変わらず結果が残せているかと言えば、
再三申し上げているようにテクニックではなくて
人の感情を動かしてしまう売れるコピーの思考や本質など
能力そのものが身についているからです。

そしてそれはあなたにも必ずできることばかりです。
 


また、“本質そのもの”が身につく強みとして
冒頭でもお伝えしたようにメルマガやネット物販など
「購入者さん・読者さん⇔自分」の関係が結果に大きく影響する
多くのインターネットビジネスで幅広く活かせるのも
単なるテンプレート教材やテクニック教材とは大きく異なって
「私ならでは」と言ってもいいと思います。


あなたはコピーライターになりたいのではなく商品やサービスをたくさん売れるようになりたいんですよね?

さて、少し話は戻りますが、既存のコピーライティング教材で
全然上達しなかったとか結果を出せなかった話をたくさん聞く理由として
私なりにもう1つ思うところがあります。

ここまで過去や既存のコピー教材との違いをわかっていただきたい一心で
比較したり疑問を投げかけたりしてきましたが
アタマから否定するつもりは毛頭ありません。

実際、いくつか拝見した限りですが、
同じ認識でいる共通点も少なからずあります。

ある1つのスキルに関する重要度について私とは少し考え方が違ったり、
もっと深堀りすべき箇所があると思ったりはしましたが、
全くもって話にならないというほどの教材はなかったように思います。
(もしかしたら私が見たのがたまたま良い教材だったのかもしれませんが)

ただ、どのコピーライティング教材のセールスレターを読んでも
「コピーライターになって稼ぎませんか?」
「あなたをコピーライターにします!」
という目的で企画され、作られているように思えたのですが
そもそもあなたはコピーライターになりたいのでしょうか?

私が思うに、これまでの教材ではうまくいかない要因として
「ライターを育成しよう」というコンセプトにしている時点で
第一歩から方向性を誤っているような気がしてならないのです。

もう1度お伺いします。

あなたは本業コピーライターになりたいのですか?それともインターネットで稼げる能力を身に付けたいのですか?

もちろん、あなたがプロのライターになりたいという場合でも、
YCMSで学んでいただくことは大いにプラスになります。

むしろ、プロを目指すためにも
必ず押さえるべきカリキュラムの数々をご用意していますので
ライティングを本業にしたいという方も大歓迎です。

ただ、恐らく、コピーライティングを学びたい人のうち7~8割は、
物書きを本業にするような外注ライターになりたいのではなく
インターネットで稼ぐための必須スキルとして
コピーライティングを学びたいのではないでしょうか?

ここでハッキリと申し上げますが
インターネットで稼げるコピーライティングを身に付けるために
プロのライターを目指す必要など一切ありません

また、ライティングテクニックだけ覚えても役に立ちませんので
「上手く、カッコよく書くテクニック」
「凄そうに見えるように書くテクニック」
を、カリキュラムの中心にしたものでは
残念ながら稼げるコピーを書くことは難しいと思います。

表面的なテクニックなど三の次、いや、四の次です。
そんな小手先の誤魔化しなどすぐに見抜かれます。

お客さんはそんなに甘くありません。

あなたも売り込みメールやしつこい営業など
すぐに見抜いてウンザリしたことはありませんか?

プロの文章を見ていると上手でカッコよくて凄そうに見えますが
それは表面的な部分にすぎません。

ではどうしたらお客さんの心をがっちりと掴めるのでしょう。
インターネットで稼ぎたいのならばプロのライターではなく
ズバリ、ジャパネットたかたの高田社長のほうが圧倒的にお手本になります。


ヤフオク、アマゾン、ネットショップでの物販ビジネスでもコピーライティングは売上を大きく左右します

私がスクールでとにかくあなたに突き詰めてもらおうとしているのが
テクニックではなく「徹底的な顧客目線」であり「その思考」です。

これは情報販売だろうが物販だろうが
アフィリエイトだろうが関係ありません。

扱う商品がノウハウマニュアルでもダイエット機材でも、
はたまた中古DVDでも一眼レフカメラでも関係ないのです。

吉田式コピーマスタースクールもちろん「徹底的な顧客目線」は
リアルビジネスにも共通するキーワードですが
対面で接客できないからこそネットでの顧客目線は何倍も重要であり
成約率、つまり売上や利益に重大な影響を与えます。

なぜなら、対面接客ならお客さんは自分の意見を言ってくれますが
ネット販売の場合は「お客さんの言葉を自分で代弁」しなければいけないからです。

そういう意味で、ジャパネットたかたの高田社長は
日本一と言っても過言ではないほどの
顧客目線を持った人物だと私は思っています。

テレビの前で生CMを見ているお父さん、お母さん、
おじいちゃん、おばあちゃんを徹底的にフォーカスして
見込み客がどんな望みを持ち、どんな問題を抱えているのか、
あれほど考え抜かれている生CMは他にありません。

ご存知でしょうか?
ジャパネットたかたの顧客層は8割以上がご年配層だということを。

おじいちゃんがデジタルカメラを使うとき
どんなことをしたいのか、どんな問題があって従来品に不満があるのか。

お母さんが掃除をするとき、どんな苦労があって、
どう解消できたらありがたいのか。

製品が良くても買うのをためらう不安は何なのか。

もちろんここでは語りつくせませんが、
街の小さなカメラ屋さんから通販ひと筋、
たった一代で大企業に成長させた根底に
「徹底した顧客目線」があることは間違いありません。

また、有名な話ですが、ブックオフは本やCDの買取りコピーを
「買います」から「お売りください」に変えたことで
爆発的に売上を伸ばしました。

これも「徹底した顧客目線」です。
 


ですから、しつこいようにお伝えしていますが
コピーライティングに欠かせないのはテクニックではなく
売れるコピーを書くための思考や物を売る能力そのものが必要であり、
それをコピーライティングに活かせるかどうかが
あなたのビジネスにおいて売上を大きく左右するのです。

「顧客目線? それならとっくにやっている」
と、思った人もいるかもしれませんが
もしあなたが本当にジャパネットたかたやブックオフレベルで
それを実践していたら、たぶん今、私の話など聞いていません(笑)

厳しい言い方かもしれませんが、やっているつもりになっているだけか、
明らかに足りていないからこそ何かがうまくいっていないのだと思います。

例えば、
「S・M・L・LLの4サイズ。赤と黒の2色が選べます」
みたいな感じのネットショップの商品コメント欄をよく見ますが
果たしてお客さんはいきなり最初から
種類やスペックを知りたいのか、ということです。

サイズや種類や色や重量も最終的には知りたいとは思いますが
製品そのものを欲しいと思わなければサイズもヘッタクレもありません。

あなたもご自分が買う側になって想像してみてください。

欲しくもない洋服を自分のサイズがあるからという理由で買いますか?
買いませんよね^_^;

『爽やかなデニムシャツで初デートの好感度アップ間違いなし♪』に惹かれて
“欲しい!”と思うからサイズや色落ち具合が知りたくなったり、
『NASAが開発!1度座ったらやめられない
超快感ピッタリフィットの形状記憶ソファ』に興味が湧いたから
何人掛けとか色合いとかが気になるわけです。
(※注意※そんなソファは存在しませんのでお問合せはご遠慮ください^_^;)

また、ネットショッピングモール大手のアマゾンでも
「店舗併売のため品切れや特典やブックレットが欠品の“場合があります”」
とか
「在庫切れの場合はすみやかにキャンセルさせていただきます」
とか、とても顧客のことを考えているとは思えないコメントも
よく見かけます。

もしネット物販をしていて心当たりがある人は
今すぐ見直すことをお勧めします。

無論、上記は事例ですが、顧客のことを考えれば
もっとたくさん書くべきことや伝えるべき重要なことがあるはずです。
 


誤解のないように加えさせていただきますが、何度も申し上げるように、
私は「テクニックを使って商品コメントを書けば売れるようになる」
と、言っているのではありません。

もちろん、売上もアップはしますが、
それより大事なのは“顧客のことを考える思考”なのです。

顧客の心をガッチリ掴むことができるかどうかが売上に繋がってきます。

「売れるコピー」というのは、
それを文字や文章にして具現化したに過ぎません。

私がニッチ教材でも1カ月に数百万円を売り上げるコピーが書けたり、
投資やビジネス教材を差し置いて恋愛マニュアルで
総合ランキング1位を獲得できたのも同じです。

しかも、ネットショップを成功させる秘訣は
既存顧客のリピーター対策が大きなウエイトを占めていて
事実、アマゾンと双璧な巨大インターネットモールである楽天の売上も
8割がメールからだとある楽天主催セミナーで聞いたことがあります。

メールで既存顧客の心を動かすのはやはりコピーです。

写真や価格も最終的な決断には欠かせない要素ですが
それだけで購入してくれることはありません。

ですので、もし「物販にはコピーなんてそんなに必要ない」
と、今まであなたが思っていたとしたら、
今まで「徹底した顧客目線」ができていなかったとしたら
是非この機会に違いを体感していただきたいと思います。

YCMSでその本質を身に付けてコピーに活かすだけで、
売上がアップすることでしょう。


レバレッジをきかせて大きく稼ぐ側になりませんか? 実は、コピーライティングを欠かすことのできないビジネスモデルが
まだあります。

今、ネットビジネスで一番稼げている人たちは
どんなことをやっていると思いますか?

輸入や輸出で月収100万円稼いでいるとか
アフィリエイトで月収200万円みたいな話をよく聞きますが
それよりも稼いでいるのはそのノウハウを教えている人たち、
つまり、転売やアフィリエイトや投資で得ている利益ではなく
ノウハウ化して世に広めた利益で稼いでいる人たちです。


つまり、アフィリエイトにしろ転売にしろそれ自体よりも
コピーを使って“情報発信”して大きく稼いでいるのです。


プレイヤーとしてコツコツやっていても限界があります。
ぶっちゃけ月収100万円、200万円がいいところでしょう。

しかし、稼ぎ方を教えることによって報酬をもらう場合、
無限にレバレッジをきかせることができ、
何千万、何億にも稼ぎを拡大することができます。
吉田式コピーマスタースクール このときコピーライティングのスキルは必須だと思います。

なぜなら、何かを教えるというときに、
しかも、ネットでそれをやろうとしたときにコピーが苦手だったら
適正なコミュニケーションを取れなかったり
人々を成功へ導くことができないからです。

「文章を書くのが苦手なので、
受講生とのコミュニケーションは
メールやフォーラムを一切使わない!」

「全部スカイプでのテレビ電話面談でおこなって
教材も動画学習しかやらない!」

というのなら、確かにその人にとって
コピーの重要度は低いかもしれません。

トークを活かしたビジネスを展開されればいいと思います。

しかし果たして本当に文字や文章を避けたまま
多くの生徒さんや受講者さんを成功へ導けるのかどうか
個人的には疑問です。

しかも、コピーライティングはあなた独自の魅力を引き出し、
人を惹きつけるチカラも与えてくれます。

あなただったらどうでしょう?

文章から魅力が伝わってこない人に
ついていこうという気になりますか?

すでに教える側の立場で活動している場合はもちろんのこと
いつかは教える側になって大きく稼ぎたい、目指したいというのならば、
間違いなく身に付けておくべきスキルがコピーライティングなのです。


 
ちなみに、こういう話をしますと、
「でも自分なんてまだそんなレベルじゃないし」
という人の声をよく耳にするのですが、
そんなに難しく考える必要はありません。

例えば、あなたがアフィリエイトとか転売とか
何でもいいのですが月5万円稼げているとしましょう。

「これから5万円稼いでやる!」という目標でも結構です。

「知識ゼロから短期間で資格を取った」とかでも構いませんが
とりあえずここではわかりやすく稼ぐ系の話をさせていただきます。

ネットビジネスに勤しんでいる人口の9割以上は
5万円どころか1万円にすら稼げていない人たちです。

したがって、5万円稼げているあなたはその9割以上の人たちにとって先生であり
教える側の人間に充分成り得るわけです。

ネットビジネス人口9割の稼げない人たちの中から
仮にたった20人でいいので月5万円稼げる方法を教え、
代わりに毎月1万円をもらったらどうでしょうか?

問答するまでもありませんが月収20万円稼ぐことができますよね。

30人なら月収30万円、40人なら月収40万円ですし
もっともっと増やすことも可能です。

しかも、5万円稼がせてくれているのですから
皆さん喜んで1万円を払ってくれるでしょう。

このように、プレイヤーとしてビジネスするよりも
何倍もレバレッジをきかせて稼げるようになるわけです。

もちろんこれは例ですが、
こういうときにもコピーライティングのスキルが
間違いなく必要になります。

理由は先ほど述べた通りです。

もし、大きく稼ぐことを目指しているのならば
情報を配信する側にとって必須のスキルであるコピーライティングを
ぜひマスターしてください。



ご推薦をいただきました!
教材販売インフォトップ総合1位多数獲得
メルマガアフィリスクールTRIBE運営
株式会社カプセルZ 代表取締役 福田 和輝 様

吉田さんのコピーライティング技術をマスターすれば
億を売り上げることだって十分可能!

  • こんにちは。
  •  
  • カプセルZの福田と申します。
  •  
  • 今回・・
  •  
  • 吉田さんが「コピーライティング」の
  • マンツーマンのスクール(しかも半年!)を
  • 開校されると聞き、思わず
  • 「是非、推薦文を書かせて下さい!」
  • と、立候補してしまったほどの
  • 吉田さん信奉者の私なのですが・・・
  •  
  • 吉田さんを「恩人」と崇める起業家は
  • 私だけではありません。
  •  
  • 私が、吉田さんに紹介した友人たちは全員、
  • レターを添削してもらっただけで
  • 教材が爆発的ヒット!!
  •  
  • それぞれ数百万円~数千万円以上を売り上げ
  • 一夜にして大金を手に入れているのです!
  • 注文を知らせるメールが鳴り止まないので
  • 仕方なく「携帯の電源」を切ったと
  • 言っていた友人もいました。
  •  
  • これはもはや、「魔法」か「手品」です!
  •  
  • そんな、吉田さんのコピーライティング技術を
  • マスターすれば、億を売り上げることだって
  • 十分可能です。
  •  
  • そして、今が、その技術を身につける
  • 二度とないかもしれないチャンス
  • かもしれないのです。
  •  
  • 私は、吉田さんとは約5年間ほど
  • お付き合いして頂いているので
  • その人柄と、責任感は保証します!
  •  
  • 愛情のある熱血指導で、確実に
  • あなたを成長させてくれるでしょう。
  •  
  • 是非、
  • 最高の先生から、最強のスキルを学び。
  • 人生を変えてみて下さい。
  •  
  • 株式会社カプセルZ
  • 代表取締役 福田 和輝

教材販売インフォトップ総合1位獲得インフォプレナー
アフィリエイトランキング1位獲得アフィリエイター
フリースタイル株式会社 代表取締役 細川 敏孝様

吉田さんのコピーライティングノウハウのおかげで
たった販売10日間で
2000万円以上を売り上げました!

  • いつも大変お世話になっております、
  • フリースタイル(株)代表の細川です。
  •  
  • 吉田さんと言えば、
  • セールスレターの神として、
  • 情報販売したことある方で、
  • 知らない方の方が、珍しいので、
  • 僕が推薦するのも恐れ多いのですが・・・
  •  
  • 僕自身吉田さんのセミナーを受けさせてもらい、
  • その後プロデュースした教材が、
  • 10日間で2000万円以上売り上げたりと、
  • 感謝してもしきれない、
  • コピーライティングの師匠です。
  •  
  • また吉田さんと実際にお話しすると
  • すぐに理解できるのですが、
  • とてつもない人生経験をして
  • いらっしゃるので、
  •  
  • 物事・ビジネスの本質を
  • 理解しきっていて、
  • 色々な角度からの、
  • アドバイスをもらうことができます!
  •  
  • そして今回の『コピーマスタースクール』は、
  • 吉田さんが一年前から、構想していて、
  • 僕自身内容も・値段も聞かずに、
  • 吉田さんが何か開催する場合は、
  • 必ず入りますと、予約していたものになります。
  •  
  • 今回推薦文を書いている身ではありますが、
  • 僕自身が教えを受けたいと、
  • 万が一無料招待頂いたとしても、
  • 個人的にお金を払い、
  • 必死に学ぶことを決めているもので、
  •  
  • 参加される方は、
  • ぜひ一緒に成長していきましょう!!
  •  
  • 僕の会社でも、
  • コピーライティングを書ける人財を、
  • 日々探していますし、
  • 僕自身コピーライティングが書けることにより、
  • 様々なビジネスで成果を上げてきました。
  •  
  • また現在世の中のニーズよりも、
  • コピーライティングが
  • 書ける方の方がまだまだ少ないので、
  • ぜひお互い一生物のスキルを身につけて、
  • 行きましょう!
  •  
  • そして、切磋琢磨した仲間と、
  • その後一緒に仕事ができれば、
  • こんなに嬉しいことはありませんね。
  •  
  • それでは吉田さんのスクールで
  • お会いしましょう☆

ランキング
ランキング

フリースタイル株式会社
代表取締役 細川 敏孝
公式メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001266751.html
公式FACEBOOk
http://www.facebook.com/toshitaka.hosokawa
インフォトップ総合1位「 BUYMAでおまかせ在庫0販売」
15,000円教材をわずか1年で3900本以上販売!
株式会社セイリングデイズ 代表取締役 菊池 友佑 様

レター成約率10%超えコピーライティングスキルを
身につけるチャンスがようやく来ました


  • はじめまして。菊池と申します。
  •  
  • インターネットビジネスの世界では
  • バイマの菊池やバイヤーライフの菊池なんて呼ばれています。
  •  
  • 今回、私の事業戦略の中で重要な秘密が暴露されます。
  •  
  • そう。コピーライター吉田さんの存在です。
  •  
  • 私が運営する物販コミュニティのFree Styleや私の個別コンサル生からは
  • 物販で月利200万といった人や月利170万といった人が生まれているので
  • 物販コンサルタントの活動に目が行きがちですが
  • 実はマーケティングのほうもかなりの得意分野です。
  •  
  • 私のマーケッターとしての活動領域で言えば
  • インターネットビジネスの世界で
  • BUYMA販売というジャンルを確立し市場に浸透させ
  • プロデュースしたクライアントにも
  • 韓国輸入ビジネスやファッション販売ビジネスという
  • 新市場を生み出したりしました。
  •  
  • そのBUYMA販売を市場に浸透させるマーケティング活動の中で
  • 重要なコピーライティングのパートを担当してくれたのが
  • 吉田さんです。
  •  
  • 非常に成約率の高いセールスレターで
  • 1年未満の販売期間で3900本以上の売上がありました。
  •  
  • 販売期間1年という短い期間で15000円の物販教材でこれだけ売れた教材は
  • 数少ないのではないかと思います。
  •  
  • 高い月は10%の成約率が出る月もありました。
  •  
  • そんなとんでもないセールスレターを作り上げる吉田さんが
  • コピーライターを育成されるということで
  • 感謝の意味も込めて推薦の筆をとらせていただきました。
  •  
  • コピーライターという職種は実力の嘘がつけない職業です。
  • 全て数字というエビデンスが物語るからです。
  •  
  • 当然、吉田さんが開催されるスクールには
  • 数百倍のリターンを見込みお金を払って社員を入塾させます。
  •  
  • コピーライターとして生きる覚悟のある人。
  • 経営者としてコピーライティングを学んでおきたい人。
  •  
  • そのどちらにも強くおススメできるスクールです。
  •  
  • ぜひ本物のコピーライターから学んでいただければと思います!

菊池・実績
インフォトップ総合1位「B-COM」500本販売
成人向け教材1位「GMH」1300本販売
Sai 様

どんな商材も1位にしてしまう
吉田さんの技術を学べる機会は本当に貴重!

  • ネットナンパ師のSaiです。
  •  
  • 週刊SPA!やプレイボーイなど、
  • 一流雑誌に60回以上出演している
  • 超実践派恋愛コンサルタントでもあります。
  •  
  • 女性を口説くとき、日本語のボキャブラリーや
  • ニュアンス、つまり表現力というのは
  • とても大切です。
  •  
  • ある目標を達成させたいとき。
  •  
  • それを女性にどんな表現・アプローチで
  • 伝えるかによって、
  • 結果として同じ行動を促していても
  • YES/NOの結果が大きく違ってきます。
  •  
  • たとえば
  • 「出会ったばかりの異性に自分の魅力をアピールしたい」
  • 「女性を自宅に誘導したい」
  • というときです。
  •  
  • 私は女性とのコミュニケーションにおける
  • その能力に特化していますが・・・
  •  
  • ことビジネス分野、特にコピーライティングで
  • 「初見のお客様に自分の商品をアピールしたい」
  • 「顧客を成約に誘導したい」
  • といった成果を大きく左右する言の葉を連ねる作業においては、
  • よしださんの知識と経験則はピカイチです!
  •  
  • また私はよしださんとオフラインで何度も
  • お会いさせていただいていますが、
  • 知的で誠実で、信頼のおける男性ですよ。
  •  
  • このよしださんの生の技術を学べる機会は
  • 本当に貴重だと思います。
  •  
  • このチャンスを見逃すことなく、
  • 貪欲にそのノウハウを吸収することを
  • オススメします!
  •  
  • (・・・私も参加しようかな(笑))
  •  
  • ネットナンパ師 Sai

【主な実績】
◆GMH( http://girlsmind-hacker.com )=2011年12月リリースから1年半。
1300本超売れました!(まだまだ売れ続けています)

◆B-COM( http://boost-comm.com )=2012年12月リリースから半年。
500本超売れました!(まだまだ売れ続けています)
インフォトップギャンブル総合1位
「ミラクルベット」インフォプレナー
株式会社La Mode KEIO 鈴木 涼介 様

無名新人のデビュー作なのにいきなり1位の大ヒット!
「このスキルがあれば何でも売れる」と確信しました!

  • 「所詮コピーライティングなんて。。。」
  •  
  • 私は情報商材デビューする際にそう思っていました。
  • いくつか売れている情報商材のページを見て
  • これなら自分でも書ける、
  • そう思っていました。
  •  
  • しかし吉田さんと出会い、自分の書いたコピーを手直しして頂くうちに
  • その言葉のマジックに驚愕しました。
  •  
  • 大げさではなく同じ商材でも生きるか死ぬかは
  • このコピーライティング次第だと痛感しました。
  •  
  • 自分の考えは甘かったです。
  •  
  • よどみなく流れる魔法のような言葉に引き込まれて
  • いつしか決済のクリックをしてしまう、
  • その結果私のミラクルベットは
  • 全く無名の新人のデビュー作でありながら
  • 発売直後,短期間で1位を取ってしまいました。
  •  
  • これは私一人でやっていたら絶対に成し得なかった結果です。
  •  
  • そして吉田さんに教えてもらう中で
  • 知れば知るほどコピーライティングの奥深さを実感しました。
  •  
  • 使う言葉に裏打ちされた深い理論はまさに職人の世界そのものでした。
  •  
  • このスキルがあれば何でも売れる、
  • そう確信しました。
  •  
  • その吉田さんから
  • この料金で直接指導してもらえるなんて
  • ありえないです。
  •  
  • 人に何かを売る、という立場の方に全てあてはまる
  • 未だかつてないスキルアップスクールです。
  •  
  • 私、鈴木涼介は自信を持って推薦したします!




それでは吉田式コピーマスタースクールのカリキュラムを一部ご紹介いたします この吉田式コピーマスタースクール【YCMS】では
例えて言うならば「よい魚屋さんの選び方」ではなく
「あなた自身がいつでも魚を釣れる方法」を身に付けていただきます。

これから先、あなたがどんな分野でも不変的に稼げる能力を、
コピーライティングスキルを通じて体得してもらいます。

そのために、私自身のスキルや経験は言うに及ばず、
ネットビジネス業界の真ん中で見聞きしてきた事例の数々もフルに活かし、
私の持てるあらゆる技術やノウハウを全て出し尽くして
あなたを必ずや高みに導いていきます。

それでは、私が長年培ってきたコピーライティングの極意とも言うべき集大成を
カリキュラムとしてご紹介いたします。


  • まず最初に申し上げますが、YCMSは6カ月間です。
  •  
  • セールスレターや広告コピーなどをご自分で書いたことがあれば
  • おわかりになるかもしれませんが、
  • コピースキルを身に付けるのはそう簡単な話ではありません。
  •  
  • だからこそ身に付ければこれほど強力な武器はないのですが、
  • マニュアルや動画教材を1~2日で読んだり見たりしたくらいで
  • 巷の謳い文句のようなスキルアップができないことは、
  • もうこれ以上ご説明する必要もないでしょう。
  •  
  • まして、仮にもプロと名乗っているライターでさえも
  • いざ、売れるようにコピーを書ける人は
  • わずかであることは前述した通りです。
  •  
  • たとえ商売としてコピーを書いたことが全くない人でも、
  • あるいは、見よう見まねで書いてはきたけど結果が出なかったり
  • スキル不足でワンパターンから抜け出せずに伸び悩んでいる人でも、
  • 不変的に稼げるコピーライティングの能力をマスターしてもらうには
  • 段階を踏む必要があるというのが私の考えです。
  •  
  • つまり、「教材から学んでいただく」段階
  • 「実技で学んでいただく」段階があって初めて、
  • 本当の意味で身に付けられると言えるのだと思います。
  •  
  • ですので、前期として学習期間3か月間と
  • 後期として実技ならびに1人1人個別に添削指導をする3か月間、
  • 計6か月間のスクールとなります。
  •  
  • 『どんな学習内容なのか?』
  • 吉田式コピーマスタースクール
  • 『実技や個別の添削指導って何なのか?』
  •  
  • については、このあとそれぞれご説明していきますので
  • しっかりとご覧ください。
  •  
  • 前期では動画や教材をもとに学んでいただきます。
  •  
  • もちろん自分で見る、読むは大前提ですが
  • それだけでは先ほど引き合いに出したような
  • 今まで横行していたほったらかし教材と同じく
  • 自助努力に依存したものになってしまうので
  • YCMSでは定期的に課題を出して理解度を高めてもらったり
  • 間違った解釈をしている場合は早めに修正しながら
  • リアルタイムのスクールだからこそ可能なフォローアップで進んでいきます。
  •  
  • なお、学習塾や専門学校でも起こり得るように
  • スタート時点の経験値やお仕事などの事情などによって
  • ペースやレベルアップのスピードは人それぞれですので
  • そこで出来ないからといって置いていくことはありません。
  •  
  • 例えば、1か月前の課題について提出が遅れたとしても
  • スクール期間内であればきちんと対応いたしますのでご安心ください。
  •  
  • また、コピーライティングのことだけでなく
  • 平行して情報起業の成功法についてもカリキュラムに入れていきます。
  •  
  • 私は、恐らく日本でもトップクラスで情報系の教材販売に携わり
  • 全てのジャンルで失敗事例や成功事例を研究していますので
  • 商品開発の考え方やプロモーションに関する知識を得たい方には
  • ご期待いただきたいと思います。
■学習編(前期3カ月間)
それでは前期3カ月の学習編で学んでいただくカリキュラムを
一部ご紹介させていただきます。


なお、教材は随時追加していきますし
関連課題によるトレーニングもおこなっていきます。


YCMSのカリキュラムは読んで終わりではなく
『知る』『分かる』『出来る』『身につく』という
考え方を基に進めていきますので、
まずは“知る”ための教材だと思ってください。


セールスレターとランディングページの違いを知らないとお金もチャンスも損失する理由とは
目的と用途とターゲッティングが噛み合っていないと効果を最大化することはできません。

セールスレターとランディングページの違いをよく知らない人が多いようなのですが、
目的もターゲット属性も全く違います

そのことをきちんと認識できていないと、
作り損でお金を無駄にしたり成約率ダウンの原因になったりして、
うまくいかないと嘆くハメになります。

私があらゆるジャンルで結果が出せた根幹部分にも繋がる話なので、
このことをしっかり理解すればあなたが求める成果は自ずと達成されるようになるでしょう。

ランディングページのコピーを書くときに注意すべきこととは
セールスレターとランディングページの違いがわかったうえで、
異なるターゲット層に書くべきコピーについてお伝えしていきます。

セールスレターもランディングページも、あるいはチラシなども全部も一緒だと
思っていた方にとっては、この注意点を意識するだけで成果に違いが出ると思います。

アップセルを飛躍的に成約させるコピーライティングのコツとは
フロントとなるセールスレターやランディングページと、
バックになるアップセルのコピーを同じに考えてしまう人がいるのですが、
再三お伝えしているように読み手の属性やページの用途が変われば、
コピーも変わることは当然です。

「え、でも同じ人でしょ?」と思ったかもしれませんが、
そもそも「購入する前の人」と「購入した後の人」という時点で大きく人物像が変わっている
わけですし本人の心理状態も間違いなく変わっていますので、
アプローチするコピーも変えなければ成約率アップは期待できません。

無意識にできている場合もあると思いますが、きちんとメカニズムを理解することで、
たまたまではなくいつも必ず成果をあげられるようになります。

成約率に最も大事な「誰に」を的確に掴むには
どんなにセールスコピーが上手でもターゲッティング、
すなわち「誰に」の部分が間違っていたら成約率など上がるはずもありません。

さすがのジャパネットでも、高齢者や主婦が大半の視聴者である平日の午前中に
「筋肉ムキムキになるプロテイン」を爆発的に売るのは難しいでしょう(笑)。

「売れない…」と、お悩みのケースでは、必ずと言っていいほど抱えている
致命的な課題のうちの1つですが、逆に言えば「誰に」を的確に掴むことができれば、
しつこいセールスをせずとも高い成約率をあげることも可能なのです。

この、私が一番に意識しているターゲッティングについて詳しくご説明していきます。

コピーを書き始める上で絶対に忘れてはいけないこととは
セールスレターでもメルマガでもランディングページでもチラシでも関係なく、
コピーライティングでは決して忘れてはならない絶対的なあるルールがあります。

それを踏み外した時点で、どんなに商品が良かろうが安かろうが、
読み手の心には何も響かなくなってしまいます。

その重要な心構えについてお伝えしてきます。

コンセプトを考えるときに私が必ず押さえるポイントとは
コンセプトなくして商品やサービスは売れませんが、
あいまいなままコピーを書いている販売者さんやメルマガ発行者さん、
ひどい場合はプロのライターでさえその傾向が見受けられます。

コンセプトにはコピーライティングの元になる要素が詰まっていますし、
販売企画の理念であったりターゲットへの明確なメッセージが込められていないと、
良さを打ち出すこともできませんので、売れるコピーになるはずがありませんので、
どうやったら顧客に響くコンセプト設計ができるのか一からお教えいたします。

強烈なインパクトを残して読み手の頭にキャッチコピーを植え付けるには
言うまでもありませんが、メインになるキャッチコピーというのは
その商品やサービスの良さを一瞬で伝えるための最も重要なコピーです。

これに失敗してしまうと大半の訪問者に離脱されてしまいますので、
後でどんなに素晴らしいことを言っても結果に結びつきません。

実際、売れていないコピーを見回すとほとんどが見当違いな
キャッチコピーになっていることがわかります。

逆にきちんとキャッチコピーが書ければ、
ヘッドラインで離脱させないどころか訪問者をワクワクさせることさえできるように
なりますので、是非マスターしてほしいスキルです。

キャッチコピーが浮かばなくても捻り出せる方法とは?
自分で「このキャッチはインパクトが弱いな」と思ったコピーは、
その何十倍も読み手には弱く写りますので即ボツです。

しかし、どんなに頭を捻ってみても
画期的なキャッチがパッと浮かぶという奇跡に期待しても無駄になることが
ほとんどだと思います。

そういうときに、私がオススメしている方法がありますのでご紹介いたします。

ちょっと力技な面もありますが、だからこそキャリアやテクニックに関係なく
どなたにでも効果が期待できます。

USPになっていないことをUSPだと思い込んで
売れないコピーライティングへと突き進んでしまう原因とは
USPという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、
簡単に言うと独自の強みであったり差別化を示す用語です。

したがって、セールスには不可欠な要素であることは間違いないのですが、
全く独自の強みになっていないことを重要な訴求点にしてしまっていて、
コピーが上手い下手以前にこれじゃ売れない
という状態のセールスレターやランディングページを本当によく見ます。

「USPを見つけましょう」というコピー教材や本はたくさんあるのですが、
その見つけ方については詳しく説明されていないものが多いようです。

YCMSでは、売上アップに繋がるUSPはどうやったら的確に抽出できるのか
しっかりとご説明していきます。

無料の商品や安価なサービスへの申込みをオファーするときに犯しやすい過ちとは
「無料だから(安いから)とりあえず申し込んでくれるだろう」
という魂胆がミエミエで、やたら無料アピールしているパターンを見かけますが、
訪問者を甘くみて中身をないがしろにしたコピーでは、
たとえタダでもあなたのサービスは受け取ってもらえません。

無料という訴求点をうまく使うコピーライティングを余さず公開いたします。

高額なノウハウやツールを販売する際に打ち出すべきコピーのポイントとは
高額なツールやノウハウを求めている顧客層にはある共通点があります。

それを意識せずにコピーを書いても感情を動かすことはできませんし、
たとえそれがどんなに優れた商品だったとしてもまず成約に結びつきません。

逆に、そのポイントさえ押さえてさえいれば、
読者にとってあなたはとても身近な存在になり、
話に耳を傾けてくれるようになるでしょう。

その重要なポイントをご紹介いたします。

メルマガで結果を出すためのメルマガ独自なコピーライティングとは
メルマガで直接商品を売り込んでクロージングまでいくパターンも稀に見ますが、
基本的にメルマガの目的はリンク先の紹介であり、
つまりはリンクをクリックさせることにあります。

そこを勘違いしていると、いつまでもメルマガの目的を果たせずに
不毛な発行を続けることになりますので、
どうやったらクリックしてもらいやすいのか身につけましょう。

ネット物販で売れるコピーと埋もれるコピーの違いとは
本文でもアマゾン販売のケースを少し引き合いに出しましたが、
ネット物販こそ短いコピーの中に決定的な差が生まれます。

例えば、よく見かける過ちの1つに、その商品のスペックを事細かに説明しているケースが
ありますが、本当に顧客目線に立とうと思っているのか甚だ疑問です。

あなたがネットショップをやるにしろモールに出品するにしろ、
顧客の気持ちを鷲掴みにして独り占めしてしまうような、
ライバルを一気に置き去りにするコピーライティングをご紹介いたします。

小学校の卒業文集並みな文章力が見違えるほど心に残りやすくなる「たった5つのポイント」とは
これは、人の感情を動かすためのコピーライティング技術というより、
初歩的な文章の書き方に近いかもしれません。

とはいえ、読みにくかったり幼稚な文章に感じてしまうと読み手のアタマの中に
「ハテナ???」をたくさん植えつけてしまうことになって、
伝えたいメッセージが伝わらないというマイナス作用が発生します。

特に長文を書くときには注意していただくと、読み手に無用な壁を作らせずに済むので
セルフチェックのとき活用していただきたいと思います。

変幻自在に言葉の表現を変えて自然な文章を作成するとき便利な無料ツールとは
文章というのは読みにくいだけで、伝達力が大幅に落ちてしまいます。

せっかく肝心なことを書いているのに、読みにくいがゆえにそれが伝わらないようでは
成約率の高い稼げるコピーとは言えません。

例えば、「堅実に」という表現を強調して同じ文中に何度も使いたいけど、
「堅実に○○を~。堅実な方法なので~。堅実に積み重ねるからこそ~。。。。。」
と連呼するのは幼稚で読みづらさを与えてしまいます。

そんなとき、この無料ツールを使えば、
「着実に○○を~。危なげない方法なので~。コツコツと積み重ねるからこそ~。」
といった感じでボキャブラリの少ない人でも読みやすい
プロ顔負けの文章を書けるようになります。

読み手との距離を一気に縮めてコピーライティングの極意とは
読み手が傍観者のうちは、どんな言葉を発しても
感情を動かしたり何かアクションさせたりすることはできません。

その状態ではどんな商品やサービスを紹介しても申込みを獲得することはまず無理です。

まったく売れないコピー共通している「決してやってはいけないこと」とは
一見すると凄く親切に感じるコピーが、
実はセールスという観点において誤ったものになっていることがよくあります。

マニュアルや書籍ならばいいのですが、セールスコピーでは
「決してやってはいけないこと」なので必ずアタマに入れてもらいたいポイントです。

これを意識するだけで、あなたのコピーが丸っきり生まれ変わる可能性も充分にあると思います。

素人でも今すぐ書ける成約率の高いステップメール作成法とは
ステップメールをどう書いていいかわからないという人が結構いるようです。

適当に書いていては意味がありませんが、
基本を知らずに書いても同じく効果は期待できません。

成約率が高くなりやすいステップメールの配信構成や書き方というのが
ある種の型になっていることを理解してから書くだけで、
素人でも簡単に読者を引き込むことができます。

決して安易に使ってはいけない「問いかけ」の注意点とは
「問いかけ」が読者との距離を縮める効果があると申し上げましたが、
不用意に乱発したり考えなしに使ったりすると、かえって読者の離脱を加速させてしまい、
成約率を大幅に落とす原因になります。

しつこいのは論外ですが、ある状況で「問いかけ」を発すると逆効果になる
大変重要な注意点をお伝えいたします。
売れるコピーを書く人だけがやっている競合調査や市場調査とは
競合や市場をリサーチすることは、プロのライターじゃなくても
当然やっていてしかるべしですが、販売がうまくいっていなかったり
成約率に悩んでいる人の多くはこの作業が圧倒的に足りていません。

さすがに全くライバルを無視して何の情報も得ずに販売企画を立てる人はいないと
思いますが、売上や成約率という結果が出ていないとすれば、
自分ではやっているつもりでも調査が甘すぎるのか、
調査結果を全く生かせていないのかのどちらかです。

かといって無闇にダラダラとやっても時間の無駄ですので、
効率的な方法をお教えいたします。

「初心者からベテランまで」というコピーでは売れない理由とは
とにかく誰でもいいから買ってくれる人を増やしたい一心で、
このキャッチコピーを使ってしまったばっかりに全く売れていない商品をよく見かけます。

実は、このキャッチのように幅広いターゲットを狙うのは
相当に高度なコピーライティングテクニックを要しますので、
仮にベストセラーのセールスレターや人気メルマガで使っていたとしても、
安易に真似をすると最悪の結果を招く可能性のほうが高いと思います。

YCMSでは、読者の感情を直接揺さぶって成約率や販売成果をアップさせるため、
全く逆にターゲットをフォーカスしていくことを推奨してお伝えしていきます。

そのほうがいかに読み手の心に刺さるかを是非とも実感してください。

返金保証はつけるべきか、つけないほうがいいのかつけないべきか?
よく「返金保証は付けたほうがいいのか」というご質問をいただくのですが、
安直に答えを出すと大怪我をするので注意してください。

返金保証などなくとも売れる場合や、むしろ返金保証が無いほうが売れる場合さえありますし、
返金保証がないと相当厳しいだろうという場合もあります。

顧客側の視点に立てばすぐわかるこの問題について詳しくご説明いたします。

最も売上に繋がる適正価格の付け方とは
これまで相当数のお問合せやご相談を頂戴してきましたが、
その中でも「いくらで売ったらいいでしょうか?」というご質問を
かなり多くいただきました。

結論から申し上げますと、適正販売価格というのは
時期やライバルや商品力やサポートや特典企画などによって、
あるいは販売者さんお目的によっても全然変わってきます。

また、安すぎても高すぎてもいけません。

だからこそ適正な指標に悩む方が多いわけですが、
そんなに難しく考える必要はありません。

簡単に適正価格を導く方法をお教えいたします。

効果的な推薦文と効果の薄い推薦文の違いとは?
推薦文を載せる意味を考えればすぐにわかることなのですが、
読み手のことを理解していないために単なるお飾りになっている推薦文を多く見受けます。

どういう推薦文が効果があり、逆にどういう推薦文は無意味なのか知ることで、
読み手の安心感が格段にアップし、ひいては成約率もアップすることができる
推薦文の使い方をお教えいたします。

ヘッドコピーを疑問形にした場合の効果と注意点とは
もっとも重要な最初のコピーであるヘッドコピーを疑問形にしているケースがありますが、
それが果たして成約率にどう影響するのかということを深く考えている人は
あまりないと思います。

しかし、疑問形には使い方を間違えると最悪の結果を招くこともあれば、
驚くほど効果的な場合もありますので、
明確に狙って読み手の気持ちをグッと掴みましょう。

体験談が大きく売上を左右する理由と魅力的な体験談を載せる方法とは
あなたも陥っている危険がありますが、
そこそこ売れているレターでも見かけるほど陥りやすい体験談の失敗例というのがあります。

体験談を「あればいい」程度に考えているのは論外ですが、
せっかく頼んでまで用意したのに非常にもったいないと思います。

そこで、読み手が購買意欲を強くする体験談と、
ほとんど無意味な体験談の違いや、
どのように依頼すれば意向に沿った体験談がいただけるようになるのか
お教えいたします。

推薦文や体験談を挿入する箇所を決める基準とは
推薦文や体験談を割と適当に配置しているっぽいセールスレターや
ランディングページを見かけるのですが、
推薦文や体験談も中身によって配置する場所は全く違います。

例えば、ブランド力のある著名な推薦者さんと、
著名ではないけれども科学的根拠を証明してくれる推薦者さんでは、
役割が違いますので当然ながら挿入するタイミングも違ってきます。

これも読み手のことを考えるとわかることなのですが、
なぜそこに挿入するのがいいのかケーススタディを交えて詳しくご説明いたします。

Q&Aが実は成約率に大きく関わっている理由とは
Q&Aを単なる添え物くらいに扱って3つ4つ買いときゃいいという
手抜き度丸出しのケースがありますが、非常にもったいないことをしていると思います。

目的の1つとして、軽い内容の問合せを軽減するということもあるのですが、
実はQ&Aをうまく活用するかしないかで
読み手の気持ちをグッと引き寄せて成約率アップに繋げているレターと
そうでないレターに分かれています。

その理由と、どんなQ&Aコンテンツにすると読み手の気持ちを掴むことができるのか
お教えいたします。

決済ボタンをたくさんつけることは成約に効果があるのか?
よく、申込みボタンがかなり前半からいくつも入っているのを見かけますが、
セールスレターなのかランディングページなのか無料オファーなのかによって
成約に好影響か悪影響かはっきりわかれます。

その理由をご説明しますので、
あなたの媒体で間違った使い方をしないようにきちんと覚えてください。

3秒で心を鷲掴みする吉田流キャッチコピーの作り方とは
秒数については諸説ありますが、
セールスレターにしろランディングページにしろ商品ページにしろ、
見込み客が先を読み進めようと無意識に判断するのは
訪問してからわずか数秒と言われています。

実際、精読ツールなどで計測すると、
訪問即離脱というユーザーが圧倒的に多いことがわかります。

どんなに素晴らしい商品やサービスでも、最初の3秒ないし5秒で良さを凝縮して
伝えなければ売れるものも売れませんので、
訪問者の興味を一瞬で引いて読み進めずにはいられない
キャッチコピーの作り方を伝授いたします。

メルマガとセールスレターで全く異なるコピーライティングの役割とは
コピーライティングというのは、使う場や伝える相手によって
全く違う書き方をしなければなりません。

読み手と1対1で向き合っていることに変わりありませんが、
たとえ読み手が同じ相手であってもメルマガの目的はクリックしてもらうことであり、
セールスレターの目的は購入を決めてもらうことですから、
おのずとコピーも変わります。

割と軽い気持ちで暇つぶしレベルで読んでいるのか、
真剣に悩みを解消したくて読んでいるのかによってもです。

これを同じように書いていては成約率が良くなるはずもありませんので、
媒体と読み手の層によって異なるコピーライティングの使い方についてお伝えしていきます。

煽りや恐怖をやたらと使う必要がない理由とは
とにかく読み手にアクションさせたいがため、
やたら恐怖心を煽ったりド派手な成功イメージを書いたり、
緊急性を必要以上に誇張することを推奨しているコピー教材もあるようですが
私はほとんど使いません。

「現状に甘んじてはいいのですか?」といった問題提起はしますが、
「今のままではドン底に落ちますよ!」のようなことはまず書きません。

そんなことをしなくても、もっと成約率をアップさせる方法がありますし、
恐怖や煽りはかえって稼ぎを縮小させてしまうからです。

その理由をお伝えいたします。

チラシコピーとインターネットコピーを同じに考えては確実に失敗する理由とは
大手一流企業でも、チラシをそのままWEBページにしているケースを
よく見るのですが、紙として手に取るチラシとインターネット媒体では、
メルマガとセールスレター以上にそもそも目的や役割が違いますので、
成約率が悪いのも必然だと私は思います。

きちんと役割と読み手の違いを理解して、
状況に合わせたコピーライティングができるようご説明していきます。

デメリットは隠さずにむしろ出したほうが成約率アップに繋がる理由とは?
商品やサービスには必ずデメリットがあるはずですが、
売り方がヘタなコピーライティングを見ていると、
それをひた隠しにしようと躍起になっている様子がうかがえます。

はっきりと申し上げますが、デメリットは書いたほうが読み手の心を掴むことができるので、
結果的に成約を増やす要因になります。

一見、デメリットを言ったら売れなくなると考えがちですが、
そうではない理由を詳しくご説明いたします。

読み手に大したデメリットではないと思わせるあるやり方とは
デメリットはむしろ出すというお話をしましたが、
かといって無闇に書けばいいというものではありません。

話を切り出すタイミング、伝え方などによって、
デメリットをデメリットと感じさせないことが可能です。

これにより、信用を得つつ商品のマイナスイメージもほとんど残さないように
デメリットを伝えることができるようになります。

丸投げでは決して優れた原稿はあがってこない理由とは
外注ライターに依存しっぱなしの人が陥るケースとして、
プロのライターだからと信用してそのまま使ったら散々な目に遭ったという話をよく聞きます。

自分で原稿の良し悪しを判断できないから仕方がないと
諦めている人も多いと思いますが、
外注ライターにきっちり仕事をさせるあるワザがあります。
丸投げではまともな原稿があがってこない理由と一緒にそのワザも公開していきます。

セールスレターは半分も読まれていない!?
流し読みされても重要なことを読み手の脳に強制挿入する方法とは
プロ・アマ問わず売れないコピーを書いてしまう人の典型的な思考として
「この説明はさっき書いたから充分だろう」と考えることです。

断言しますが、これまで何億も売ってきたコピーライターのセールスレターでさえ
半分も読まれていませんし、ストーリーに引き込んで全部を読んでもらうのは
相当に高度なライティングテクニックが必要です。

ではどうすればいいのか。

実は、流し読みされても重要なことを読み手の脳に
直接届けてしまう方法があります。

いたって簡単なこの方法を意識的に反映するだけで、
読み手の理解度を一気にアップさせることができるようになります。

アマゾンやヤフオクでライバルよりも売れやすくなる
同じコンディション説明でも良い印象を与える文章構成のコツとは
商品説明に限りませんが、文章というのは印象に残りやすい部分と
印象に残りにくい部分があります。

それを逆手にとって、内容は全く同じことを書いているのに、
ライバルの説明文よりもあなたの説明文のほうが商品を欲しくなるコツをお教えいたします。

情報起業で失敗する商品企画に共通することとは
私の経験範囲内の話ではありますが、
商品が売れない原因がそもそもコピーライティングではなく
商品企画自体にあるという場合が意外と少なくありません。

しかも、驚くほど共通している失敗要素があるのです。

もしあなたがこれからコンテンツビジネスをしていきたいと思っているならば、
あるいはすでにコンテンツビジネスをやっているけど
イマイチうまくいった試しがなくてどうしていいかわからなくなっているのならば、
恐らく業界トップレベルで情報系商品を研究してきた私独自の視点を知ることで、
失敗を回避する商品企画が立てられるようになると思います。

情報起業のマーケティングで有効性が証明されてきたプロモーションとは
情報販売業界ではこれまでに様々な販売プロモーションがおこなわれてきました。

古くはPPC広告であったり、最近ではプロダクトロンチと言われる手法ですが、
どれもがうまくいったわけではありませんし、
すでに通用しなくなった手法も数多くあります。

それらを知ることで無駄な戦略を回避したり同じテツを踏まないようにすることや、
ちょっとやり方を変えて新しい有効手段にするきっかけにもなるでしょう。

見込み客の心に深く侵入する丁寧な商品コメントとは
商品コメントを丁寧に書く、しっかり書くというのはネット物販成功の秘訣として
よく言われていることですが、「丁寧に書くってどうやって?」という
根本的な悩みを抱えている販売者さんも多いようです。

ここでは、見込み客の心にいつの間にか侵入するコメントの書き方をお教えします。



他にも受講者さんの多くがボトルネックを抱えている場合は
そこを集中的に改善するカリキュラム等を随時追加していったり
上記に関連したワークなども都度配信して理解度を高めていきます。

また、リアルタイムで進行するスクールならではだと思いますが
そのとき、その瞬間に旬の題材を使ったり
躓いている人が多い箇所を集中的にフォローするなど
コミュニティ内でカリキュラムを進化させていきますので
楽しみにしてください。


■個別実習指導編(後期3カ月)
早い受講生さんで学習編3カ月を終えた4か月目から
あなたが「売れるコピーにしていきたい実際の案件」について
コピーライティングしていただきます。
(4か月目も学習に充てていただいても、
平行して実習していただいてもOKです。)


将来的に想定している商品やサービスでも構いませんし
これから発行するメルマガの募集ページやメルマガ本文、
無料レポート配信の告知やステップメールなどでもいいと思います。

そのどれもがあなたの稼ぎをアップしてくれる媒体になるでしょう。

今はまだないという場合は私のほうで実技テーマをご用意いたします。

とにかく学んでいただいたことを実際にやってみて、
体と頭にどんどんインプットしていただき、
同時に実技講習でアウトプットしていただきます。

まさに「体で覚える」というやつです。



実際にコピーを作り上げるとなると
ジャンルも媒体もUSPも1人1人違いますので
時間や労力を惜しまずに個別対応させていただくことが
あなたのスキルアップを必ずや成し遂げるための方法であり
YCMSの最大の特長になると思っています。

この個別実習を繰り返す中で、
あなた自身にも思考とスキルが身について、
どこがいけなかったのか、どうしていけなかったのか、
ウイークポイントはどこなのか、
読み手はどういう視点で見ているのか、などなど、
教材では決して身につかないチカラが備わっていきます。

また、どんどんブラッシュアップされて作りあがったコピーは、
本やマニュアルを読んだりセミナーを聞いただけで
手探りしながら書いたコピーと比べ、
明らかに成約率の高いハイクオリティなものになっているのは間違いないでしょうし、
誰かに書いてもらったものではなく正真正銘あなたが書いたのですから
将来に渡ってそのチカラはあなたのものになるのです。

ちなみに、完成度によりますので必ずではないですが
添削指導するよりも私が手直ししたものを見ていただいて
今後に活かすというほうが身につくと判断した段階では
直接原稿に加筆していく作業もおこなう可能性もあります。

なお、極端ですが、例えば1行書き直しただけで
添削チェックの提出をされる受講生さんが万が一いますと
多くの方に平等な機会が行き渡りませんし、
何よりもそのように「考えることを放棄」してしまうと
思考も実力も身につきませんので、
後期3カ月のあいだに6回(2週に1回ペース)の
個別添削指導となります。

1回1回を無駄にしないためにも集中して真剣に取り組んでみてください。

「どうせ直してもらえるからとりあえず出しちゃえ」で書くコピーとは
雲泥の能力が身につくはずです。

もちろん、中にはハイペースな人もいると思いますので
必ず2週に1回というかたちではなく、
1か月半のあいだに6回を使い切っていただいても基本的にはOKです。

また、場合によっては1~2回の個別指導で
クオリティの高い原稿を完成させられるほど
レベルアップする人もいると思いますので、
1つ完成したあとはスクール期間の許す限り
他のテーマに取り組んでいただいても構いません。

レター添削指導4回のあと、アップセル原稿の添削指導2回、
なんていう組み合わせでも結構です。

存分に個別実習を利用してください。

それとこれは非常に大事なことだと思いますが、
公開前の案件の場合、秘匿性が非常に高い内容も含まれると思いますので
私からあなたに『秘密保持誓約書』を提出させていただきます。


秘密保持誓約書

どうぞ安心して何でも題材にしてください。

■期間中無制限のメール相談
よく「特典」として無料メール相談が付いているケースを見かけますが
個人的には何かを教えるにあたって付いていて当然だと思うので
特典ではなくスクールの必須内容に入れました。

ですので、メールサポートについては特に多くを語るほどのものはありません。

特典のようにいつか消滅する可能性もありませんし
スクール期間中は回数に制限はありませんので
わからないことがあれば遠慮なくいつでもメール相談をご利用ください。
■マンツーマンの個別スカイプ相談または個別対面相談
メールでのご相談のほかに、YCMSでは口頭によるご相談、
すなわち、スカイプか直接対面での個別相談もお受けいたします。

どうしても口頭で話を聞きたいという場合や
メールでニュアンスを伝えるのが難しいことがありましたら
この個別スカイプ相談または個別対面相談サービスをご利用ください。

さすがにメールと同じように
「いつでも無制限で」というわけにはいきませんので
お1人の時間はそんなに長く取れないのですが
前後期1回ずつ、計2回ご利用いただけるようにいたします。

詳しい手順は別途ご案内いたしますが
下記のようなルールに基づいてご提供したいと思いますので
ご利用になる際は何卒ご協力のほどお願いいたします。


・ご希望者はフェイスブックのYCMS専用フォーラムに設置する
相談管理表で予約が空いている日時を選んで申請していただきます。
・対面相談日とスカイプ相談日を分けることもありますので
あらかじめご了承ください。
・原則として平日から特定日を指定させていただいてその日中になります。
週末しか時間がないという方のために何回か土日もご用意いたしますが
機会には限りがあると思いますのでご了承ください。
・スカイプをご利用の場合はご予約後、相談の3日前までに
吉田のスカイプIDへお名前とYCMSのスカイプ相談である旨の
メッセージをお送りください。
・スクールの授業や平等なサポートに支障がないよう
1回のご利用は30分厳守となります。
・対面相談の場合は弊社(東京多摩市)でおこないますので
お越しいただける方に限ります。
・利用しなかった月の権利を繰り越すことはできません。
(前期利用しなかったからといって後期に2回ご利用はできません)



単純計算ですが、このサポートだけでも
30分×20名で10時間を要することになりますので
仮に100名の方に対応するには
他に一切の講義もメール対応も仕事も何もしないとしても
丸5日間は軽くかかることになります。

しかもこれは完全に机上の空論で、
そうそう都合よく10時間で20名なんて有り得ないと思いますから
実際には倍かそれ以上かかるでしょう。

それが何百人ともなれば、
いかに誰もがやりたがらないサポートサービスか、
多少なりともご想像いただけると思います。

それくらい個別相談というのは本気でないとできないものですし、
1人の方を特別に何時間もお相手するわけにはいかないので
秩序あるご利用並びにいくつかの条件については
重ねてご協力ならびに、ご理解願います。

なぜそこまでするのか?

綺麗事ではなく、受講生さんには1人残らず吉田式コピーをマスターして
将来ガンガン活躍してほしいという思いがとにかく強いからです。

あとは、受講生さん全員が同じことをするノウハウ教材と違って、
YCMS受講生さんのご相談は、
公開前の秘匿性が高い内容が含まれている場合が多いと予想されるためです。

私が時間や手間を惜しんで「1対複数」のグループ相談することもできますが
それでは困る受講生さんが必ずいると思うので、
大変なのは百も承知でしっかりと1対1の個別対応をさせていただきます。

なお、私の中ではあくまでも
「どうしても口頭のほうが伝わりやすい」というご相談用に
個別スカイプ相談・個別対面相談お付けしています。

毎日相談指定日を設けるわけにはいかないので
たまたま予約が集中してしまったりすると
結果的にメール回答のほうが早くなる可能性も充分にあると思います。

そのため、早めに質疑したいことにはメールのほうが向いているので
あらかじめご了承いただきたいのと、
学んでいただくのはコピーライティングなのですから
できる限り文字を使うことを意識していただいたほうが
身につきやすいと思います。

このようなカリキュラムで6か月間のスクール期間を修了したあなたは、
その時点でもう立派なコピーライティングマスターです。

これから先、様々な場面で、
ビジネスに直結するコピーライティングを必要とする機会があると思いますが
もう怖いものはありません。

どうやったら読み手の感情を動かして売れるコピーになるのか本質から理解し
それを具現化することもできるようになっているので
成約させるコピー、稼げるコピーは
いくらでも書けるようになっていることでしょう。

なお、この基本PDF教材と動画教材は
スクールにお申し込み後、すぐご覧いただけます。

予習としても見ていただきたいですし
授業をこなしたあとでも見ていただいて、

スクール全体を通してマスターしていってください。



さて、だいぶ駆け足でお話してきた部分もありますので
ここで本スクールのポイントになるところをまとめてみたいと思います。



吉田式コピーマスタースクールはここが凄い!
YCMSのここが凄い!その1 吉田自身が長年第一線にいる現役コピーライターであり、オールジャンルで数々の売上No.1実績がある! 吉田式コピーマスタースクール

冒頭でご覧いただいたように、私は様々なジャンルや媒体で売上実績があり、
現役で書き続けているコピーライターです。

何度か申し上げていることで恐縮なのですが、
これほど幅広くNO1実績を残しているライターはまずいないと思います。

そんな私が実際にやって結果が出ていることや、
今もなお最新の手法やマーケティング事情を常にキャッチして取り入れていることを
包み隠さずお伝えします。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その2 アドバイスした方々のライティングスキルを向上させてきた教える実績も多数ある! 吉田式コピーマスタースクール
多種多様なジャンルでの実績はともかくとしても、
優れたライターさんというは他にもいらっしゃるのですが、
自分で書いて結果を出すことと、教えてその人に結果を出してもらうことは
基本的に異なる能力です。

スポーツ、文化問わず、名プレイヤーが必ずしも名コーチになれていないという
事実からもそれは明らかです。

しかし私はこれまで数多くの直接指導で、
私自身は一文字も添削せずご本人がコピーを書いて
成約率アップや反響数アップという成果を出しています。

その経験と能力をフルに活かして、
必ずやあなたもガンガン稼げるコピーを書けるように導いていきます。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その3 1度身につけたら将来に渡って稼げる能力をマスターできる! 吉田式コピーマスタースクール
多くの有名起業家さんたちも口を揃えておっしゃっていますが、
コピーライティングは一生モノと言っていい不変的なスキルです。

しかもYCMSでは、今稼げているからという小手先のテクニック論や
テンプレートではなく能力そのものをマスターしていただくため、
これから先あなたがどんなビジネスを展開するにしても、
必ず役に立つ宝物になると言っても過言ではないでしょう。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その4 「知識を学ぶ」から「実践してモノにする」までを徹底指導! 吉田式コピーマスタースクール
書籍や冊子、動画マニュアルで知識とかテクニックを学ぶ教材が多いですが、
コピーライティングはそれだけでマスターできるほど簡単なものではありません。

だからこそマスターしてしまえば強力な武器になることは間違いないないですし、
そのためには読んだり見たりして学んだ気になって終わりではなく、
それをアウトプットしてカタチにするところまでをカリキュラムに組み込んでいます。

これであなたも「できない・わからない」という壁で挫折することなく、
成果を生み出すことができるでしょう。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その5 1人1人マンツーマンでコンサルティングレベルの実習を受けられる! 吉田式コピーマスタースクール
コピーライティングという性質上、実際に案件をテーマにして書く場合は
全員が同じ内容とはいきませんので、
必然的に1人1人マンツーマンでの対応となります。

これは言わば個別のコンサルティングレベルと表現して
差支えないのではないでしょうか。

しかも、個別指導内容を忠実にブラッシュアップしていれば、
出来上がりはそのまま使える原稿に仕上がっているはずですので、
それだけでもあなたにとって大きなメリットになると思います。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その6 スカイプ相談や直接面談で抱えている問題を解消できる! 吉田式コピーマスタースクール
スカイプ相談や直接面談というのは非常に時間と場所を制約されるので
普通はやりたがらないものですが、
私はそれがあなたのレベルアップに役立つのであれば
サポートの一環として喜んで提供させていただきます。

機会は平等にご提供したいので回数や時間は限らせていただきますが、
ルール内で遠慮なく利用してスキルアップの速度を加速させていってください。

なお、メール相談は期間中回数無制限です。
(ご利用詳細はカリキュラムの後半をご参照ください)
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その7 お金をかけずに売上をアップさせる能力を身に付けることができる! 吉田式コピーマスタースクール
本文中でもお伝えいたしましたが、コピーライティングの良し悪しによって
成約率が変わるということは、ハイクオリティなコピーが書けるようになれば
広告費をかけてアクセスと集めたり属性の合う顧客リストをかき集めなくても、
売上を大きくアップさせることが可能になるということです。

これほど費用対効果の高い売上アップ方法はないでしょう。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その8 コピーライティングだけでなく、ネット起業に関する成功法則も学べる! 吉田式コピーマスタースクール
私はインフォ業界の成功事例や失敗事例を見てきた経験で言えば、
恐らく日本でもトップクラスだと思います。

もしこれからあなたが教材やツールやアイテム販売でネット起業したいという場合は、
コピーライティングの枠を超えてどんな商品企画で勝負すべきかなども、
過去の経験からアドバイスすることができますし、
結果的にそれが売れるコピーに繋がってくるので
惜しみなくお伝えしていきたいと思っています。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その9 ジャンルや媒体を問わず結果を出せるようになる! 吉田式コピーマスタースクール
私があなたに伝授するのは特定ジャンルで通用する小手先のテクニックではありません。

ネットビジネスでも成人コンテンツでもギャンブルでも投資でも、
どのジャンルにも共通して結果に繋がる本質的なスキルと思考です。

また、媒体によって変わる目的ごとのコピーライティングについても
詳しくご説明していきますので、
幅広いビジネスマーケットで結果を出せるようになるでしょう。
吉田式コピーマスタースクール
YCMSのここが凄い!その10 差別化が難しいと言われるネット通販でもお客さんに選ばれる秘訣がわかる! 吉田式コピーマスタースクール
ショップを訪ねる利便性や対面接客で差を出せないネット物販は、
マニア向けのプレミアム商品やコレクター商品でもない限り
差別化が難しいと言われていますがそんなことはありません。

同じ商品を同じ値段で売っていても、売れる人と売れない人がはっきりとわかれます。

アマゾンにしろ楽天ショップにしろ売れているショップには
お客さんに選ばれる理由がありますので、
しっかりとその秘訣を習得してください。
吉田式コピーマスタースクール


あなたはこのスクールにいくら払ってもいいと思いますか? さて、完璧とは言わないまでも、
この吉田式コピーマスタースクール『YCMS』について、
何となくご理解いただけたでしょうか。

「そもそも何のスクールなの?」といった根本的な部分が
ご理解いただけていない場合はさすがに読み返していただきたいと思いますが
もしちょっとした小さなことで疑問に思っているレベルでしたら
後ほどお申し込み前専用のご質問受付方法をご案内いたしますので
そちらからお気軽にご連絡ください。

だいたいの内容はわかったという前提で話を進めさせていただきますが、
そうなるとやはりあなたが気になっているいくつかの中で
いま最も知りたいのは“参加費用はいくらなのか”だと思います。

私なんて、ユニ○ロとか、
どんなに安いことがわかっているお店に洋服を買いに行っても
必ず値札を見ますので、
料金が気になる気持ちは人並み以上にわかります(笑)

冷静に考えれば当たり前の話なのですが
お金とは対価だと私は思っています。

50万円でも安いと思うことはたくさんありますし
100円でも「ボッタクリか!」と
声を荒げそうになることは山ほどあります。

だって、新車のベンツが50万円だったら安いですよね?
(あまりにも安すぎて別の心配が頭をよぎりますが・・・)

うまい棒が1本100円だったら
「高っ!」と叫んでしまいませんか?
(山で遭難とか極限の空腹状態じゃない限り買うことはないでしょう)

要するに、お金と交換する対象は金額分の価値があるのかないのか、
つまりそれが対価だと思うわけです。

例えば近年流行っているネット系の塾は
20万円から30万円くらいが最も多い価格帯ですが
それが良いとか悪いとかではありません。

30万円の塾でもそれ以上の価値があれば全然アリです。

2日間で20万円のコピーライティングセミナーという
募集を見たこともありますが、
それだけ払う価値がある内容であり結果をともなうことができるなら、
大金ではありますが対価として高いわけではないということです。

中身がそこらへんの無料レポート以下の
何の役にも立たない1万円のマニュアルを買うくらいなら
たとえ見た目の金額は高くても
価値のある20万円や30万円を払ったほうが
間違いなく有益だと言えるでしょう。

もちろん高額でも優良セミナーや優良塾ばかりではありませんので
ネームバリューとか派手な謳い文句に惑わされることなく
指導やサポートの中身をちゃんと見極める必要はありますが、
YCMSは中身のともなった高額塾にも決して劣らない内容であり
長い将来に渡ってビジネスの根本になる部分をマスターするということを考えれば
それこそ30万円でも50万円でも充分その価値があると自負しています。

私が培ってきた多くの実績と経験に基づいた、
稼げるコピーライティングを身に付ける数々の学習カリキュラム。

ネット起業・情報起業のための知識と成功&失敗法則の習得。

物販顧客やメルマガ読者の満足度もアップさせる
本質的な思考とスキルの習得。

練習問題ではない実際に使う原稿をマンツーマンでチェックし
具体的に改善していく個別コンサルティングレベルの徹底指導。

直接話せるスカイプ相談や対面相談。

この内容で仮に6か月30万円だとしたら、
あなたは高いと思いますか?

30万円は間違いなく大金です。
それは否定しません。
対価として考えてみて答えを出してみてください。


 
・・・と、ここまで数十万円に見合った内容であるという
勝手な主張をお聞きいただきましたが
私の目的は塾で高額な授業料をいただいてお金儲けすることではありません。

私はこれまでたくさんのネットビジネスに関わってきましたが、
コピーライティングの本質に気づいていない人があまりにも多く
人の感情を動かすどころか逆に顧客を置き去りにして
せっかくの素晴らしいコンテンツを埋もれさせているのを
嫌というほど見てきました。

私が直接お手伝いできた事案も冒頭のように少なからずありますが、
それでも全体からすればホンの一部にすぎません。

そんなコピーライティングの重要性がわかっておらず失敗した人や、
情報販売でもネット物販でも、とにかくネット起業したい人、
あるいは、これまでコピーを学ぼうと色々試してみたけど
なかなか結果に結びつかなかったという人も含め、
私の持てるチカラを全て包み隠さず出すことで
必ず成功を手にしてもらいたいという思いでYCMSを立ち上げました。

そのため周囲の方々からは「有り得ない低価格」と言われた費用で
ご提供させていただきます。


YCMSの受講料は、
1カ月あたり15,000円(6回払い)の
トータル受講料90,000円
となります。

155ページのPDF教材と
1時間20分の動画教材だけで
安くても2万円~3万円の価値があると思いますが
もちろんそれを全て含めての価格です。

6回分割払いをご用意しておりますので
それをご利用いただくと月会費15,000円の感覚
お申し込みいただけると思います。
※なお、分割の場合は手数料等が別途かかります。


もちろん半年一括でも結構ですが、
なるべくご負担のないようお選びください。





お申し込みは終了いたしました

たくさんご応募いただきまして

誠にありがとうございました










次回募集につきましては

下記よりご登録いただいた方に限り

一般応募では提供しない
スペシャル特典

大幅割引価格でご案内させていただく予定です。

また、コピーライティングに関する
無料メール講座

不定期で配信いたしますのでお気軽にご登録ください。




*メールアドレス
名前






この1カ月あたり15,000円という費用が
内容と比較して高いか安いかは
もうあなたの判断にゆだねるしかありませんが
大半のネットビジネス系の塾より格段に安いのは言うまでもありませんし
一般的なコピーライター講座と比べてもかなり安いと思います。

なお、上記期限で発売締め切り後、

キャンセルが出た場合や定数に余裕がある場合は
ごく短期間に再募集するかもしれませんが
仮にあったとしても特典サービスを減らしたり
数量もかなり限定させていただくかと思います。

また、何度もお伝えしています通り
これだけの内容を私が直接おこなうため、
どうしても物理的な限界を考えなければなりませんので
場合によっては再募集しないことも
充分に有り得ますのでご了承ください。

売って終わりの教材とは違って、
お申し込みいただいてからがスタートであり、
そこから1人1人と向き合っていくことが
最大の成すべきことだと考えていますので
何卒ご理解のうえ、ご容赦いただきたくお願いいたします。


あなたもこの機会にぜひ、

自力でコンスタントに何百万円でも生み出せる

コピーライティングをマスターし、
将来に渡って長く稼いでいく力を身に付けませんか?

 

【商品概要】

● 受講案内PDF3枚
(DL版PDF教材155ページ)
(WEB版動画教材1時間20分)
(6カ月間学習&個別指導)

※画像はイメージです。
※動画はインターネットを通じてご提供いたします。
YCMSのお申し込みはこちらから YCMSの電話申込みはこちらから

※万が一、受講中に分割決済の不備が発生した場合は、以降のサービスを受けることはできません。
管理者権限によりフォーラムも利用停止いたしますのであらかじめご了承ください。

 

 

さらに今なら、下記の特典を全て無料でご提供します! 特典1<br />受講生限定フォーラムご招待
フェイスブックの非公開グループ機能を使った限定フォーラムをご案内いたします。

特典というよりも、私の中ではスクールのプラットフォームとして必須だと思っていますが、
フェイスブックやネット上での交流に抵抗がある人もいると思いますので、
あえて強制ではない特典扱いにしました。

様々な商売をしている人が集まると思いますが、
今や誰かをライバル視するのではなく、
顧客目線の考え方やビジネスへの取り組む姿勢など、
同じ価値観を共有できている人たちと繋がって協力し合うことで成功する時代です。

他業種の顧客に対する考え方を知るだけでも
あなたのビジネスに大きくプラスになると思います。

なお、個別相談のご予約はこのフォーラムでおこないますので、
基本的には全員にご参加いただくようにしていただきたいとは思います。
吉田式コピーマスタースクール 特典2<br />セミナー受講無料
YCMSでは、コピーライティングや情報起業に関することを中心にセミナーを開催します。

セミナーの場合はどうしても人数だったり場所を限定せざるを得ないのですが、
お申し込みから外れてしまう方や遠方で参加できない方、
都合がつかない方でも収録動画で共有しますのでご安心ください。

また、ご要望が多数寄せられるようなテーマがありましたら都度開催を検討しますので、
コピーライティングに関して「こんなセミナーがあったら聞きたい」というご要望も
ドシドシお寄せください。

開催要項につきましは、スクール開始後にメールでご案内いたします。
吉田式コピーマスタースクール 特典3<br />YCMS限定無料メルマガ
YCMS開校を機に受講生さん限定メルマガを発行いたします。

このメルマガでは、カリキュラムでの学習という視点とは一味違った情報を
お届けしようと思っています。

例えば私は職業柄、CMや中吊り広告を見ていて、
優れたコピーや逆にとんでもない反面教師コピーを観察したりしていますので、
そういう日常から勉強できることのシェアとか、
スキルアップに役立つ情報とか、
コピーライティングやマーケティングの書籍を読んだ感想とか、
私自身のマインド面とか、
限定メルマガならではの内容でお届けしたいと思います。
吉田式コピーマスタースクール 特典4<br />覚えて得するプチWEB技術編カリキュラム
インターネットビジネスにはスピードが欠かせないとよく聞くと思いますが、
ホームページの軽微な修正や更新が自分で出来ないがゆえに
ビジネスチャンスを活かしきれなかったという経験がある人もいると思います。

例えば、価格変更とか特商法のちょっとした不備など
直さなければ販売できない重要な箇所の場合、
自分で出来ないのであれば、時間やお金がかかっても
やってもらうしかないのが現状ではないでしょうか。

しかし、ホームページ上のテキストをちょっと直すくらいの作業は、
やり方さえ覚えれば無料のアップロードツールとメモ帳だけで
数分もかからずに修正できるという事実はあまり知られていないようです。

また、会員専用ページなどでよく見かけると思いますが、
ページにアクセス制限をかける認証パスワードの設定も
主要レンタルサーバをご利用ならば専門知識不要で簡単に管理画面から操作できますので、
そういった超初心者向けのプチWEBスキルがすぐに出来るようになるマニュアルをお付けします。

■無料のアップロードツールとメモ帳でホームページを更新する方法
■PDFや動画やその他ファイルをサーバにアップして公開する方法
■特定のユーザーのみ閲覧できるページを下記のようにパスワード認証設定する方法

認証

吉田式コピーマスタースクール



コピーライティングのアドバイスをさせていただいた方から感想を頂きました。
おかげさまで成功率3%以上になりました!<br />渡邊修平さん
  • こんにちは、株式会社セイリングデイズの渡邊と申します。
  •  
  • 吉田さん、YCMSのリリースおめでとうございます!
  •  
  • 私が初めて吉田さんにご指導いただいた頃を振り返ると
  • コピーライティングの「コ」の字も知らない、
  • と言って過言ではなかったと思います。
  •  
  • そんな私に対して何時間も費やして電話やメールで
  • コピーライティングについて教えてくださいました。
  •  
  • ターゲットの重要性や
  • 読んだ人が納得して購入ボタンをクリックしたくなるには
  • どのような心理的な流れが必要なのか、などなど
  • 良いセールスレターを作成する為に必要なことを
  • ご指導いただきました。
  •  
  • 売れるセールスレターのテンプレート、でもなく
  • セールスするための目先のテクニック、でもなく
  • 「本質的な要素」を説いてくださるのです。
  •  
  • 時には厳しいご指摘も
  • すべては我々のことを考えてのアドバイスであり
  • 本当に感謝しております。
  •  
  • コピーライティングを学びレター製作を自社で行うことで
  • 商品の企画から販売までの期間が短くなります。
  •  
  • 自社でコントロールできる要素が増えるので
  • ビジネスにスピード感が生まれてきます。
  •  
  • 吉田さんのご指導のおかげで
  • 継続課金商材で最高12.6%の成約率など
  • 高い成約率を達成し利益を生み出しています。
  •  
  • これからも吉田さんの教えをビジネスに活かして
  • 利益を生み出していきたいと思います。
  •  
  • 吉田さん、本当にありがとうございます。
  •  
  • 渡邊

吉田式コピーマスタースクール
成約率も登録率も飛躍的にアップ!「スピーチ型コピー」⇒「対話型コピー」がカギでした!!<br />大貫哲也さん
  • 吉田さん、
  •  
  • いつもお世話になっております、
  •  
  • 以前の私は、商品の良いところをひたすらに書き連ね、
  • メリットで商品をアピールすることに必死でした。
  •  
  • 「ここが良いですよ!」
  • 「さらにこんなメリットが!」
  • 「他のところはこうだけど、この商品はこんなに良い!」
  •  
  • など、聞いている方がお腹いっぱいになってしまう
  • ような、押し付けがましいスピーチのように...^^;
  •  
  • もちろん、
  •  
  • そんな一方的なスピーチでは、お客様の心には響かず、
  • せっかくの良い商品が台無しになってしまう...
  •  
  • と、そんな時、吉田さんから、
  •  
  • 「お客さまとの対話が大切」
  •  
  • というアドバイスを頂き、「ハッ!!」としました。
  •  
  • 確かに、私のコピーにはお客さまとの対話がなく、
  • 誰一人見向きもしない街頭演説の様だった。。。
  •  
  • それから、吉田さんにアドバイスを頂きながら、
  • お客様が疑問に思う点、聞きたい点を先回りして
  • 対話するコピーを書く様にしていきました。
  •  
  • それからは、
  •  
  • 「最初から、最後まで一気に読んでしました。」
  •  
  • など、コピーの途中で疑問が生じて、
  • 途中で読むのを辞めてしまうお客さまが少なくなり、
  • 次第に成約率、登録率も高くなりました。
  •  
  • 衆議院議員秘書など、幅広いジャンルの経験値を
  • 持っている吉田さんだからこそ、
  •  
  • 多岐にわたる属性のお客様ごとに響く
  • コピーを指導できるのだと思います。
  •  
  • ありがとうございました。

吉田式コピーマスタースクール 吉田式コピーマスタースクール ?
お申し込み後のステップについて<br />決済後にダウンロードできる案内書に沿ってまずは受講用アドレスをご登録後、基本教材マニュアル、動画閲覧方法、秘密保持誓約書、フォーラムへの参加方法等の準備手順をお読みになりスクール開始までに準備をお願いします。もちろん不明な点はメールでのご質問も可能です。 スペシャル特典をご希望の方は、決済から3日以内に所定の方法でレビューを希望する原稿をご提出ください。(詳しくは手順書に記載いたします)スクールが始まりますと、教材内容の理解度を深めていただくためにワークや追加教材をお送りいたします。どんどん進めていきますので基本教材や動画は事前に見て予習していただくことをお勧めいたします。 前期3カ月間は上記の流れに沿ってカリキュラムを進めていきます。メールやスカイプや直接面談サポートをフルに活かしてあなたのウイークポイントを解消してレベルアップしていってください。後期に入る段階で実際にあなたが書きたいコピー原稿の概要をお伺いしてから早速コピーライティングしていただきます。学んだことを存分に実習に活かしてください。(特定の題材をお持ちでない場合は私からご用意いたします) 個別に添削指導いたしますので
それを反映して精度を高める実習を繰り返し、あなた自身のコピーライティング力をどんどん磨いていってください!

?
?
本スクールは2013年8月1日開校いたします! ?
?

?
よくあるご質問
吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問①

QUESTION-01

受講する人が大勢いてみんなコピーが上手くなったら埋もれてしまいませんか?

ご回答

あなたと全く同じジャンルで同じコンセプトの商品を販売している人が、たまたま何十人も受講しない限りは有り得ないと思います。そもそも独自性や他との違いをいかに伝えるのかという側面もありますので、受講生全員のコピーレベルが上がってもあなたのビジネスには何も影響しません。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問②

QUESTION-02

誰でも稼げるコピーが書けるようになるのでしょうか?

ご回答

誰でも稼げるコピーが書けるようにお教えして、あなたの書いたコピーに対しても具体的に添削レポートをおこなって丁寧に進めていきます。やるべきことをやらない人でもなれますよ、という意味ではありませんが、商品の魅力と顧客・読者ニーズをマッチさせることが稼げるコピーに繋がるのですから、学歴や特殊能力など無くとも書けるようになれます。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問③

QUESTION-03

返金保証はありますか?

ご回答

返金保証がなければ申し込まないという方が6か月間のカリキュラムをまっとうできるとは思えないと私は考えています。実行すれば返金保証など不要だと思いますし、実行できないと最初から思うのならばお申し込みはご遠慮ください。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問④

QUESTION-04

いつからいつまでのスクールですか?

ご回答

8月1日から来年1月末までの6か月間です。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑤

QUESTION-05

定年してこれからネット起業のためにコピーを学びたいのですが年齢は関係ありますか?

ご回答

コピーライティングもネット起業も年齢は全く関係ありませんのでご安心ください。むしろ、豊富なご経験というのは必ずコピーにも出て読み手を魅了できると思います。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑥

QUESTION-06

私はOLなのですが女性でもいいですか?

ご回答

もちろんです。今やインターネットげ活躍する女性もかなり多いですし、メルマガやセールスコピーでガンガン稼いでいる方もたくさんいらっしゃいます。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑦

QUESTION-07

遅くまで残業することが多いのですが・・・

ご回答

毎日決まった時間にやってくださいというような形態ではありませんので、お好きなときにインプットしていただければ問題ありません。また、ワークや課題も毎日お出しするわけではないですし、何時間も作業がかかるお題はありません。提出期日も一応設けますが、後日でも受け付けいたしますのでご安心ください。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑧

QUESTION-08

ライティング担当を社内に作りたいので業務命令で入れたいのですがよろしいでしょうか?

ご回答

はい、大歓迎です。私も一般企業内でライティング担当していた期間が長いですし、何か特定のジャンルや媒体に特化したコピーライティングのスクールではありませんので、様々な企業活動にもお役立ていただけるはずです。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑨

QUESTION-09

国語が苦手で文章も得意じゃないんですが大丈夫でしょうか?

ご回答

学校の勉強は一切関係ありませんし、文章の得手不得手も基本的には関係ありません。ただ苦手意識のまま取り組むと苦痛が先に立ってしまうと思うので、楽しむつもりで学んでいただければちゃんとステップアップできます。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑩

QUESTION-10

直接会って対面相談できるのですか?

ご回答

はい、できます。前期と後期にそれぞれ1回30分ずつご用意していますので是非ご利用ください。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑪

QUESTION-11

地方在住なのですがセミナーとか対面相談は諦めるしかないのでしょうか?

ご回答

セミナーは動画にて共有させていただきます。対面相談はお越しいただけないと難しいですが、スカイプ相談も無料でお付けしていますのでよろしければスカイプでお話しましょう。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑫

QUESTION-12

公開前に販売商品のネタバレをしたくないのですが大丈夫でしょうか?

ご回答

ご相談も個別対応でしっかりガードいたしますし、機密保持誓約書もお渡ししますのでどうぞご安心ください。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑬

QUESTION-13

受講料以外にお金はかかりますか?

ご回答

YCMSで追加教材を購入していただいたりすることはないですし、何か購入しないと受講できないような必須アイテムは一切ありません。なお、オススメの書籍などをご紹介することはあると思いますが、強制ではありませんのでご自分の判断でお求めいただければいいと思います。

吉田式コピーマスタースクール-よくあるご質問⑭

QUESTION-14

もっと長時間の個別面談やネット起業コンサルはしてもらえないのですか?

ご回答

今のところ考えてはいないのですが、ご要望の声があるようでしたら対応させていただきます。その場合、コピーライティングだけでなくコンテンツビジネスで成功するための商品企画のアドバイスやコンセプト設計まで徹底的にコンサルさせていただくつもりです。なお、スクールに影響が出ないように、やるとしても1名~2名のごく少数枠になると思います。



YCMSのお問い合わせはこちらから



終わりに

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

コピーライティングの本質というのは
テクニカルに文章をうまく書くことではなく、
顧客のことをいかに顧客以上に考えられるか、
「誰に」がしっかりと見えているのか、
読み手は何を不安に思い、何を欲し、
どんなことを言われたらアクションを起こしてくれるのか、などなど、
言ってみれば商売の根本的な部分に直結しているのだということを
何よりもお伝えしたかったのですが
多少なりともおわかりいただけたでしょうか。

しつこいようですが大事なことなので改めて申し上げます。

情報起業にしろメルマガやサイトアフィリにしろ転売にしろ
インターネットで稼ぐためにコピーライティング(の本質)は必須のスキルです。

成約率の高いコピーが書けるようになれば
広告にお金も時間も労力もたくさん投じる必要なく
直接的に売上アップできますし、
セールスに関するほとんどの問題が解決することは
多くの事実が証明しています。
 
また、あなたが“その他大勢”の中から選ばれるためにも
コピーライティングの能力が大きなパワーを発揮してくれます。

例えば、再現性の高さをウリにしているノウハウがよくありますが
逆に言うとそれって簡単に競争が激化するということでもありますよね。

ノウハウそのものを学ぶことはもちろん大事なことなのですが
ノウハウで仕組みを学ぶのと同じくらい、
その仕組みの中でお客さんから選ばれるようになる、
すなわちコピーライティングのスキルで
心をガッチリとキャッチすることが成功へのカギになるのです。

ネットビジネスだけではありません。

コピーライティングの思考やスキルというのは
「誰のメリットを考えるべきか」「何を解消すべきか」を
考える能力も向上させますので、
会社で企画書作成やプレゼン資料を作る機会がある方にも
大いに役立つでしょう。
比較していいのかわかりませんが
巷のデザイン専門学校とかビジネス専門学校なんかは
半年50万円とか1年100万円なんてザラですが
こんなこと教えてくれません。

それだけお金をかけたところで
稼ぐどころかまともに仕事に就けない可能性だってあります。

しかし、YCMSでは身に付けることができますし、
多くのスクールや教材では「武器を持つまで」しか面倒をみてくれませんが
私はその武器を「磨いて威力を発揮するようになるまで」お手伝いします。

私のコピーライティング術は自分が結果を出してきたというだけで
提唱しているのではなく、アドバイスさせていただいた方々も、
結果を出すことができているものです。

現在から未来に至るまで、
きっとあなたにもお役立ていただけると確信していますので
この機会に是非身に付けてください。

それではスクールでお会いできることを心より楽しみにしています<br />。吉田 貴志



【商品概要】

● 受講案内PDF3枚
(DL版PDF教材155ページ)
(WEB版動画教材1時間20分)
(6カ月間学習&個別指導)


※画像はイメージです。
※動画はインターネットを通じてご提供いたします。
YCMSのお申し込みはこちらから YCMSの電話申込みはこちらから

※万が一、受講中に分割決済の不備が発生した場合は、以降のサービスを受けることはできません。
管理者権限によりフォーラムも利用停止いたしますのであらかじめご了承ください。